花嫁からの手紙を添削していただきたいだす。

花嫁からの手紙を添削していただきたいだす。 文章力に自信がなく、自分の気持ちを手紙にするということもほとんどしたことがないため、結婚式で読む両親への手紙を皆さまに読んでいただき、おかしいところがないか、また全体の雰囲気としてどうか教えていただきたいです。披露宴の招待客は50人くらいで新郎の親族、会社関係も含まれていますが、どちらかというとアットホームな雰囲気の披露宴になるかと思います。実際に読む言葉で書いています。ちなみに私は昔、鬱病になり自殺未遂を繰り返し両親へは本当に心配をかけた経緯があります。いまは回復していますが、新郎側の親族はそのことは知りません。 よろしくお願いします。 お父さん、お母さん、今日まで25年間大切に育ててくれてありがとう。こうしてたくさんの方に見守られて結婚式を挙げることができたのもふたりのおかげです。これまでのことを振り返るとたくさんの思い出が浮かんできて感謝の気持ちでいっぱいになると同時に、ふたりにはたくさん心配をかけてきたな、と申し訳ない気持ちにもなります。今日は今まで照れくさくてずっと伝えられなかった気持ちを手紙にしたので聴いてください。 お父さん、お父さんは私のことを"生まれた時から反抗期"と笑いながらよく言うよね。その言葉の通り子どもの頃から本当にお父さんには素直になれなくて、いつも真っ直ぐに話をしようとするお父さんとはたくさん喧嘩もしたよね。あの頃は素直に聴けなかった言葉も今思い返してみると全部私への心配と愛情がたくさん詰まっていたんだなと思います。何より何度ぶつかっても絶対に私と向き合うことをやめなかったお父さんの姿にとっても愛されてきたんだなとやっと気づくことができました。ありがとう。 お母さん、お母さんはいつも自分のことより私たち子どもたちのことをいつも1番に考えてくれていたよね。子どもの頃、学校から帰ってくるとお兄ちゃんお姉ちゃんといつも留守番をしてて、疲れているはずなのにお母さんはいつも笑顔で大きな声で"ただいまー!" と言いながら帰ってきたよね。その笑顔をみるととっても嬉しくなっていたことを覚えています。昔からどんなに仕事が大変でも夜遅くまで私の悩みや不安をたくさん聴いてくれて、お母さんと話していると不思議と心が落ち着いていきました。私もいつか子どもができたら、そこにいるだけで家族みんなが安心するような そんなお母さんみたいな母親になりたいです。 私が小さい頃からお父さんお母さんはいつも遅くまで仕事で、そのことを淋しく思ったこともありました。お母さんは子どもの頃の私をあまりどこかに連れていってあげられなかったことを前に謝っていたよね。でも、どんなにいそがしくても毎日夕食は家族みんなで"いただきます"をして、その日あった出来事をみんなが順番に話して、食卓にはいつも笑顔が溢れていました。その時間が私にとって何より幸せで、何より大切な思い出です。25年間本当にたくさんのことがあって嬉しかった日も悲しかった日もたくさん笑った日も泣いた日も今となっては全てが大切な私の一部になっています。大袈裟かもしれないけれど、私は今日の日の為に生まれてきたんだなと思います。こうしてたくさんの方に祝福され、〇〇さんと結婚できて本当に幸せです。お父さんとお母さんが大切に育ててくれたおかげだね。 〇〇さんを初めて紹介したときもふたりはすぐに受け入れてくれて、私たちの結婚を心から喜んでくれたよね。〇〇さんのいいところ、尊敬できるところを理解してくれて、一緒に大切にしてくれるお父さんお母さんには本当に感謝しています。これからはあの笑顔で溢れる幸せな食卓を〇〇さんとふたりでつくっていきます。25年間本当にありがとう。これからも見守っていてください。 最後になりますが、〇〇さんのお父さんお母さん、初めてお会いした時から私を快く受け入れて可愛がってくださり本当にありがとうございます。まだ未熟者の私ですがこれからどうぞよろしくお願いします。 〇〇より

ベストアンサー

0

とても素敵な文面だと思います。 >初めてお会いした時から私を快く受け入れて可愛がってくださり本当にありがとうございます。 最後のここだけ気になりました。 受け入れるは相手の意思を決めつけてるように捉えることもできるので、あなたの視点になるように「迎え入れてくださり」のほうがいいかなと思います。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすくお答えしていただきありがとうございました。 参考にさせていただきます。 当日いい式になるようがんばります。

お礼日時:9/30 11:41

その他の回答(1件)

0

まず、あなたのご両親への手紙なのに、新郎のご両親へのメッセージがあるのは不自然じゃありませんか? また、口語と敬語がごちゃ混ぜで非常に聞き苦しいと思います。人によっては不快感を抱くかもしれません。ゲストの前でするスピーチなのですから、敬語で統一した方が聞いてる方は聞きやすいです。 内容的には問題ありませんので、スピーチとしての体裁をきちんと整えましょう。

実の両親へいままでの感謝と 義理の両親へこれからよろしくお願いします という意味を込めて 両方にメッセージを送るものだと 結婚式場の方に言われました。