回答受付が終了しました

アメリカには日本のように国民健康保険がなくて1回の手術で100万円、200万円とかかかるみたいですが、民間の保険会社がありますよね?

アメリカには日本のように国民健康保険がなくて1回の手術で100万円、200万円とかかかるみたいですが、民間の保険会社がありますよね? それに加入していれば大丈夫なのでしょうか。

回答(3件)

0

医療保険に加入していれば済むというものでは無いよ。 生命保険や自動車保険や火災保険の契約はした事が無いの? 契約内容次第で保険料が増減するのです。 アメリカでは高い保険料の医療保険なら最高の医療を受けられるが、安い保険料なら医療の制限が有るので、対応しない治療や手術や治療期間の制限などが有る様です。 米の病院ドラマでは、スポンサーの関係なのかあからさまにはしないか、コミカルにして済ませてますがね。 雇用されていれば使用者側が医療保険料を負担するが、最高の保険料を払って貰えるのは大企業幹部クラスくらい。 就職する時の契約にも入ってる場合が有るので、ヘッドハンティングなら条件は良いでしょうね。 解雇の時も人によっては終身とか限定とかが有るようです。 米のTVドラマを見てると色々ありますよ。 デスパレートな妻たちでは、スーザンが安い保険料にした後に軽いガンになったが、検査は可能でも治療はできない契約だった。 LAW&ORDERではNY市警の女性警部か警部補がガンになったが、薬が高いのでネットで安い薬を探しながら破産してしまうとつぶやく。 タイトルは忘れたが警察ドラマで、家族の医療費を全額払った中堅警察官が不正を疑われるが、数万ドルの自己負担分は警察官の給料では払えないと言うのが理由。

2

アメリカ在住です。 加入している保険の種類によりますが、日本人が思うほど負担は大きくないですよ。いくら以上は保険が全額負担とかになり場合が多いので何とかなっています。 また、貧困層が保険に入れず医療が受けられないと思っている日本人がとても多いのですがそれは完全に間違いで、アメリカには「慈善診療所」や「地域診療所」があちこちに点在し、無保険の人々や低所得者層の人々の駆け込み寺があちこちにあります。 種類もさまざまで、民間の非営利団体や政府系あるいは地方自治体系の診療所、無保険者あるいはホームレス専用の診療所やメディケイド及びメディケア(いずれも政府による公的保険)専用の診療所などが存在しています。 それに低所得者や高齢者にはメディケイドやメディケアという政府による公的保険があるので逆に安心で、問題なのはむしろ中間層で、特に自営業などの人は保険代が高いため苦労をしている場合が多々あります。

2人がナイス!しています

0

そのようです。 貧困層は民間保険に入っていないので病院に行けない人も多く オバマ大統領は保険制度を作る努力をしましたが 導入には至りませんでした。