プロ野球で守備側で相手が2盗した場合にセカンドが入るか、ショートが入るかはどのよう決めているチームが多いですか。

プロ野球で守備側で相手が2盗した場合にセカンドが入るか、ショートが入るかはどのよう決めているチームが多いですか。

プロ野球17閲覧

ベストアンサー

0

打者が右打者か左打者か、また左右に関わらず、その打者の打球傾向がどうなのか、その打席で、投手が打者に対してどういう攻め方の投球をしようとしているか、、などから総合的に判断して決めます。

具体的に補足します。 これはカウントによって変わることもあります。 他の回答にあるように、右打者ならセカンドが、左打者ならショートがはいるパターンが多いのは事実ですが、力のある速球を投げる投手対、非力な右打者の場合、特に2ストライク後になると、最初はセカンドが入る取り決めだったものが、ショートがはいるように変わることもあります。 2ストライク後の打者は、必然的に盗塁がランエンドヒットの形になりますが、ランナーが走ると、三振だけは避けたいので、ポイントを自分寄りに引きつける傾向になるため、非力な右打者では、引っ張る打球が出にくくなるためです。

その他の回答(3件)

0

右打者がもし打てば内野ゴロならショートに飛ぶ確率が一番高いので右打者の時はセカンドが入り、左打者の時はショートが入ることが多いんじゃないかと思いますね。

1

右打ち、左打ち、バッタの守備シフト、打者の打球方向(データ)によると思います。

1人がナイス!しています