ほぼ初心者が、英語の翻訳家を目指すのは無謀でしょうか?

ほぼ初心者が、英語の翻訳家を目指すのは無謀でしょうか? 仕事をしながらコツコツとしか勉強できません 英検も準2級しか持っておりません 会社を辞めて予備校行って、目指そうとしています TOEICの点数が目標を達したら、翻訳の学校に行きたいと思っております 考えが甘いのは承知です それでも目指したくてしょうがないのです 英語で仕事がしたいのです このような過程だと詰めが甘いでしょうか?

英語898閲覧

ベストアンサー

12

今考えている過程はちょっと危険です。 翻訳者に必要なのは語学と翻訳分野の知識、PCなどの技術です。「仕事を辞めて英語の勉強をする」のではなく、仕事をしながら英語の勉強をして、英語を使った仕事の経験を積める方向に進んでいってください。 翻訳学校は社会人向けなので、夜や土日に授業があります。フルタイムの学校もありますが、数が少ないですね。またすぐに翻訳で稼げるようになるとは限りません。現場の知識がある訳者の方が仕事が来やすいので、語学だけに集中するのはもったいないです。並行して習得できる方法を考えてください。 今の仕事で、技術面や経理のスキルアップなど、目指せることはありますか?危険物取扱に関する文書など、翻訳の分野は広いものです。その中で専門的な知識を習得するのは、机の上より職場という現場が最適です。 また、自衛隊の知人が船で寄港するときに国内であっても外国人と話す機会が多いと言っていました。隊の仕事でも、英語に係わる部署や方面に移動していくことは難しいでしょうか? そういう積極性、時間のやり繰りが出来るかどうかも、翻訳者としての素質なのかと思います。納期がある仕事ですが、時間を見つけて学習しなければなりません。語学の学習は、TOEICが基本ではありません。中高の基礎固め、多読、諸々やることはたくさんあります。まずは「中高文法+英検2級」→「大学受験の英文解釈+準1級」の方がバランスよく学習できるかと思います。この辺りでTOEICの勉強をするといいかもしれません。ビジネス用語が多いので、あなたの場合はTOEICが後のほうがいいように思います。 そして、仕事で英語に近づけないか試してください。レベルアップできれば職場でもアピールしやすいですよ。また仕事で学べる知識を最大限に吸収してくださいね。 私が通った翻訳スクールでも同じことを言われました。病気で退職して仕事をしていなかった私が一番心配されていました。よく調べて、「簡単に稼げる」「すぐに稼げる」「英語力はいらない」などと甘いことを言う講座は避けてくださいね。 知人が翻訳者になりたい人のためにまとめてくださってるウェブサイトを紹介します。とても役に立つ情報がありますよ。 「翻訳者スタートガイド.NET」 https://translatorstartguide.net/ Twitterでの情報収集もおススメです。 ある程度英語力が付いてきたら、「社内翻訳者」「翻訳会社勤務」など、英語を使う仕事に転職されてはいかがでしょう?新しい知識も学べます。 翻訳スクールの友人は、翻訳会社や製薬会社に転職しています。早い人はその後1年で独立してフリーの翻訳者になりました。 社会で得られる技術、スキルを磨きつつ、英語を勉強できるよう考えてみてくださいね。

12人がナイス!しています

ありがとうございます 私自身、体調が良くなくその関係もあって退職を考えており、そこからと考えておりました やはり翻訳業は働きながらではないと、学べないことの方が多いですよね… 今の職場では、自主的に勉強すれば学べる事はできるのですが、実際に仕事としてできることはないです 副案としては、今の環境を変えたいのもあるので退職したのち就職しながら勉強するというのも考えてみます サイトの方、参考にさせて頂きます!

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さん、お言葉ありがとうございました コメントを糧に頑張ります

お礼日時:10/3 0:31

その他の回答(8件)

1

ひとつだけアドバイスします。 もし、↓のサイトにあるような 直訳とスラッシュリーディングを軸をしているのなら、今すぐ止めてください。 http://makki-english.moo.jp/4reading2.html また、意訳とは そのサイトにあるように 直訳した日本語を自然な日本語にするのではなく、英語を英語で理解した上で、ピッタリな日本語を当てはめていく作業です。

1人がナイス!しています

8

「翻訳学校」ではなくて「翻訳の学校」と書いているところが少し気になりました。「翻訳の学校」はやめておいた方がいいです。翻訳学校などで学びたい場合は、講師の名前や会社名などをGoogleだけではなくTwitterで検索することをおすすめします。 まずは市販の本で勉強してみてください。最初の一歩としては、駒宮俊友『翻訳スキルハンドブック』がおすすめです。翻訳学校にお金を払って勉強する価値が出てくるのは、英検準1級程度からだと思います。 あと、「TOEIC500点で翻訳者になれる」などと宣伝している講座は詐欺ですので気をつけましょう。

8人がナイス!しています

8

●翻訳業をやりたいというお考えですね? ●結論的に言うと、翻訳家デビューするためにあなたが最も必要としている事は、現在のお仕事を続けることです。 ●私は東京外国語大学の英米語学科を出て、40年間、英語を教えてきた、英語のプロです。そして私のような人間こそ、最も翻訳家に「向かない」人間です。 ●なぜなら英語はよくわかるし日本語の表現力もありますが、「内容」がわからないのです。たとえば製薬会社同士の契約書を訳すとして、バルクとは何のことでそれは輸出する側が持っているものなのか輸入する側なのか、とか、厚生労働省には何を届け出なければならないかとか、実際に行なわれている業務の「内容」がわからないのに、字ヅラだけをみて英語を日本語にするのはたいへん困難だからです。 ●ところであなたは現在、どこかの会社にお勤めで、日本の商習慣とか契約書の書き方とか、翻訳家に欠かせない「内容」をこれからどんどん知っていくお立場にあります。私のような「英語オンリー人間」から見るとうらやましいほど、翻訳家になるための訓練になる環境にいらっしゃいます。 ●「翻訳学校」というところは、私のような「英語オンリー人間」に社会の実務の「内容」を、英語とからめて教えてくれるところなのです。あなたは「教えられる側」ではなくて「教える側」ですよ。会社をやめちゃダメです。 ●翻訳には主に 商業翻訳 工業・機械翻訳 医療翻訳(これも多くは医療機器のことらしい。) コンピュータ翻訳 という部門があるようです。 ●これを見てもわかるように、翻訳は実は理科系の人の方が向いています。また、文学翻訳は最初から無理。現地に数年住んでみないとわからない微妙な風俗風習があるからです。 ●あなたが将来、上に挙げた分野のうち、どれの翻訳家になるか(つまりどの分野の実務を経験して勉強するか)を見据えながら今のお仕事をお続けになるのが、翻訳家になる唯一にして最短の道のように思えます。 ●英語の勉強については、あなたの勤め先の業務に関係する英文をお読みになるのがいちばん近道です。大学受験のような「英語一般」の勉強はもちろん必要ですが、それだけでは翻訳家になるには足りません。どうか夢を実現なさいますように。 ●以上、『いまさら聞けない英語のギモン』の小池浩でした。 http://www9.plala.or.jp/eigowine/

8人がナイス!しています

翻訳業をやりたいです。 お仕事については自衛官をやってります。 私も英語オンリー人間です… もともと就職も考えており、外の会社でも働きたいと考えているので専門知識を得るためならば、資格を取ろうとしている簿記を活かせる商業の道も良いのかなと考えております。 専門知識だと軍事英語になってしまうのですが、生かせられるのであれば生かしたいです。

1

翻訳業と言う道は、英語を使う仕事の中でも最も険しく厳しい道だと思います。憧れだけで出来るものでは無く、確実な英語と日本語の力の裏付けが必要です。 翻訳家の方々の通る道は、例えば次の様なものです。 日本の大学(英文科や国文科)を卒業後、 英語圏の大学に留学して文化や歴史を学び、 帰国後翻訳学校で翻訳の技術を学んで、 何処かの翻訳専門の会社に勤務した後で独立。 現在のあなたの英語力を、英検1級以上に上げる事が先決です。 英検1級でも日本語を正式に学んでいないと、翻訳は難しいです。 TOEICと翻訳は、何の関係もありません。 あなたは、英語圏と日本の歴史・文化・芸術・宗教・技術・医療・・等を勉強しておられ、何かご自分の専門分野をお持ちですか?

1人がナイス!しています

専門分野はありません 険しい道と言われれば何故かすごく気合が湧きました、すみません 確実に今の自分だと翻訳の道へ行きたいと言ったら笑えるくらい鼻糞レベルですが… 目指せるだけ目指します