カツとフライってなにが違うんですか?食材のちがい?レシピ?

カツとフライってなにが違うんですか?食材のちがい?レシピ?

ベストアンサー

0

本来は同じですが、 豚、牛、鶏などの肉類のフライを 主にカツと呼び、 魚の場合、フライと呼び分けるスタイルになってしまったそうです。 その中でも、かつ、とだけいうと、豚カツを指すことが多く、他を牛カツ、チキンカツと呼ぶ風潮になってます。 他に、卵で、スコッチエッグフライとか、肉を使ってもフライと付ける名前の料理名もあります。 魚でも、フィッシュカツと呼ぶお店もあります。 本当は同じものです。 呼び方の違い、ってことでしょうね。

その他の回答(4件)

0

単なる語源の違いです。 カツレツ=フランス語が語源 フライ=英語が語源 フランス料理の「コートレット(cotelette)」が語源。 コートレットとは、子牛や羊や豚などの骨つきの背肉のこと。 これを英語で「カットレット」と読み、それが日本語で「カツレツ(カツ)」となった。 フライの言葉の由来は「deep fry」という油をたっぷり使って揚げた料理のことを指す。

0

フライとカツの区別は大まかに言うと肉類のフライがカツ(カツレツ)と呼ばれると言うことだけです。だからといってカツをフライト呼んではいけない訳でも無く、また逆もそうです。例としてささみフライ、エビカツなど。