ID非公開

2020/10/1 18:02

77回答

どうしてフィギュアスケート選手は、肌の色が黒い選手よりも

補足

見栄えじゃないんですね?

ベストアンサー

0

ID非公開

2020/10/3 19:34

その他の回答(6件)

0

アジア人は白人じゃないですよ。有色人種です。 ちょっと前、世界が100人の村だったら、って文章があったでしょ、 世界が100人の村だったら、アジア人は57人もいるのにアフリカの人は8人なんですって。 だから元々の、主様が言おうとしている、白人以外の割合が少ないんですよ。 そしてフィギュアスケートが発展してきた、北の方の国には更に少ない。もちろん日照時間とかも関係あると思います。 後は、フィギュアスケートに詳しくない人たちが、黒人選手を知らないから少ないと思い込む。 実際には、ワールドチャンプはじめて、そこそこいるんですけどね。

ID非公開

質問者

2020/10/3 7:00

>アジア人は白人じゃないですよ。有色人種です。 黄色人種と呼ばれますが、肌が白い選手が多いですよね

0

腰の位置が高すぎるのと筋肉が重くて 黒人は向かないようですね

1

単純に黒人の人達には受けないだけでしょう。 元々はヨーロッパの沼沢地帯でスケートは発展していき、運河など氷結しアイスリンク代わりに、娯楽とされ、ウィンタースポーツが盛んになってきた。 気候的に無理な国に多い黒人には馴染みがなかったのでしょう。 現在は、移民などでフィギュアスケートが親しまれている国で、少数ですが黒人の選手も誕生してきましたが、金銭的な利害を考えないで済む、裕福な黒人家庭のご息女ご子息がされてきたと思います。 フランスのマエ・ベレニス・メイテも裕福なご家庭の、ご息女のようです。 因みにフィギュアスケートの他にヴィオリンにも長けていらっしゃるそうです。 同じくフランスの選手だったフローラン・アモディオも、ブラジル生まれの方でしたが、幼少時にフランスのご家庭に養子縁組された方です。 記載したマエちゃんもアモディオも個人的には大ファンでした。 共通しているのは、キレが有り、バネがあるんですよね。 ある大会でアモディオは花束をスタンド席の上の方まで投げ入れていたのには驚かされました。 ホント素晴らしい肩していました(スケートにはあまり関係ないけど)

1人がナイス!しています

補足を読み 個人的には残念です。黒人選手に対して胸が痛みます。 私の知らない時代の黒人女子選手( スルヤ・ボナリー)の有名な逸話なので、質問者様もご存知かと思いますが、本人の思い込みもあったのか?黒人差別に苦しまれ、1998年長野オリンピックで競技では禁止されていたバックフリップ 見せたのは有名。 本人曰く黒人だから評価されないのなら『観客に楽しんでほしかった』と、仰っていました。 また日本で開催された1994年世界フィギュアーで、優勝出来なかったのは黒人差別と思い込み、2位でしたが表彰台に乗るのに抵抗されていたようです。(最終的には乗っていらしたようです) 優勝は黄色人種である日本人女子選手だったのに。 言いたいのは、思い込みさせる程、その黒人女子選手の心の傷が大きいということです。

1

重心が高すぎる気がします、、前傾というか骨格と氷が合わないのかも、と思いながら見てたりした。いるにはいますよ、メイテさんとか。 フランスは、パスポートと余裕があれば行ける国だったのに、今やコロンブスの時代いや明治時代のように遠い国になったようです。 空は一つで、同じ空の下 満点の星たちは、寄り添う 実際は遠く何光年もはなれていても、地の上にいると星たちは寄り添う。 闇が深ければより多くの小さな星たちがある事を知る コロンブスの時代、人は星を信じ星は路を記した

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/1 23:35

やはり体格の面はありますかね、、 いるのは知ってて見た事ありますが、比較して絶対数が少ないですね

2

フィギュアスケートっていうより、冬季五輪のどの種目にも出場してる黒人選手自体が僅かしかいませんからね。 冬季五輪が開催される地域に住んでる黒人選手は元々少なめだし、移民が多くて収入が少ない人が大半ですから、冬季競技のようにお金がかかるスポーツができる選手は少ないでしょう。

2人がナイス!しています

でもフィギュアスケートはまだマシなほうかも。 ボーデンシュタイン、メイテ、アンドリュースらが国際大会に出ていますから。 他の種目、特にジャンプ(ジャンプ&複合)、ノルディック種目、 アルペン種目(回転、大回転、滑降など)、 スノーボード種目なんかは、ワールドカップで黒人選手見たことないです。 五輪だけはお祭りですから、どんなに下手でも加盟国なら1人やそこら出れたりしますが。