解き方を教えてください。

数学 | 公務員試験86閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすかったので、ベストアンサーとさせていただきました。 ありがとうございました。

お礼日時:2020/10/3 18:24

その他の回答(2件)

0

(1)1から9の合計が45なので、 1つ目の条件から、Aがとった3枚の合計は (45ー1)÷2=22 Bの合計とCの合計の和は23 (2)2つ目の条件から、 Bがとった合計は(23-1)÷2=11 Cがとった合計は12 (3)5が書かれたカードをとったのはBである。 * 検証して行きます。 1.Aが8をとったとすると、(1)より残りの2枚の合計が 22-8=14 これを満たすのは(9,5)のみだが(3)より不可 よって、1は× 2.Bが1をとったとすると、(2)と(3)から 残りの1枚は11-1-5=5 これは(3)より不可 よって、2は× 3.Bが6をとったとすると、(2)と(3)から 残りの1枚は11-6-5=0 明らかに、3は× 4.Cが3をとったとすると、(2)から 残りの2枚の合計は12-3=9 この組み合わせは(1,8)で出来るので、4は○ 5.Cが4をとったとすると、(2)から 残りの2枚の合計は12-4=8 この組み合わせは(1,7)(2,6)(3,5) ところが(1)と(3)からAの3枚は(6,7,9)に 限定されるので(1,7)と(2,6)は不可 (3)より(3,5)も不可 よって、5は×

1

1〜9の合計は45なので、A,B,Cのとったカードの合計は45 Aの合計はBとCの合計より1小さいので、Aの合計は22,BとCの合計は23 Bの合計はCの合計より1小さいので、Bの合計は11,Cの合計は12 また、Bは5を含む3つの数字の合計が11なので、残りの二つの数字の合計は6 足して6になる異なる2数の組み合わせは(1,5)(2,4)で、5以外の8数のみで成り立つ組み合わせは2と4 よって、Bのカードは2,4,5 この時点で2.3.5は不正解 さらに、1.が正解だとすると、Aは8を含む3つの数字の合計が22なので、残りの二つの数字の合計は14 足して14になる2数の組み合わせは(5,9)(6,8)で、2,4,5,8以外の5数のみで成り立つ組み合わせは存在しないので、1.も不正解 よって答えは4. わからないことがあれば返信ください。

1人がナイス!しています