フィルムカメラめちゃくちゃ初心者です。

フィルムカメラ | コンパクトデジタルカメラ71閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

0
画像

その他の回答(13件)

0

カメラの本体では変わりません。 青みがかった写真を撮る方法は4つ 1.フィルム現像のとき青が強調されるような薬剤を使って温度管理をする。 2.焼き付けのとき青色になるようにフィルターを使ったり薬剤を変える 残念ながら1と2は通常ではできません。現像もプリントもラボ任せの人がほとんどですし、自分でやるにはハードルが高いです。(技術だけでなく費用もかかります) 3.青色のフィルターをレンズ前につける こういうフィルターです。青ならCフィルターですね ↓ https://www.kenko-tokina.co.jp/imaging/filter/revision/ 4.フィルムを色温度の低いものにする。タングステンフィルムなどですがもう売ってないかも・・・ というわけで青色フィルターしか方法はなさそうです。

0

青みがかったって言ってもその色調や彩度で ぜんぜん違うので何とも。 普通に考えれば青系のフィルター付ければいいのかな。 フィルムによって色合いが変わるのはあります。 レンズも色を持ってますよね。 カメラ本体には色に影響する要素はないです。 いっぽうデジカメではメーカーごとに色が違います。 メーカーそれぞれ一番いい色調とおもってるんでしょうが、、、 青いソニー、黄色いニコン、赤紫のフジ。 緑のペンタックス、無性格のキャノン。

1

好みの色のセロハン紙をレンズの前につければ宜しいです。

1人がナイス!しています

1

カラーネガフィルムであれば、 どちらでもありません。 カラーネガフィルムの場合は、 現像したフィルムからプリントする過程、 もしくはスキャンしてデータ化する過程、 において、色を調整します。 ですので、お店に頼むのであれば、 「青くして!」と頼めばいいですし、 自分でやる場合はそのように調整すればよいです。 ポジフィルムの場合は、撮影する際のフィルターで調整します。 青系のレンズフィルターが売っていますので、 それらを使用しましょう。 例外として「タングステンフィルム」というものがあります。 これらは黄色い電球の下で撮影した際に、 自然な色合いになるようになっているフィルムで、 ふつうの太陽光などの下で撮影すると青くなります。 ただ、もうあまり手に入らないので、 こちらは気にしなくてよいかと思います。

1人がナイス!しています

1

フィルムや撮影露出によっても多少変わってきますが 写真屋のプリント時の色補正が一番影響が出ます

1人がナイス!しています