ID非公開

2020/10/10 7:25

66回答

職業用ミシンの購入を検討しています。 家庭用ミシンで何度かスタイを作ったことがあるくらいの初心者です。

職業用ミシンの購入を検討しています。 家庭用ミシンで何度かスタイを作ったことがあるくらいの初心者です。 メインは子供の幼稚園グッズや人形の服を作れたらと思っています。 上手くなってきたらバッグや子供服なども作りたいので、そのうちロックミシンの購入も考えています。(予算がないのでまだまだ先になると思いますが) 今検討しているのはJUKIの『SPUR30DX』 TL-30DXです。 自動糸通し機能と自動糸切り機能がついているものがいいかなと思いました。また、ゆっくりも縫うことができそうな所が気に入っています。 ただこちらは家庭用針と書いてありました。 工業用針の方が強度が強く厚物生地に強いという記事を見かけるため、工業用針を使用するミシンがいいのか悩んでいます。 家庭用針を使用する職業用ミシンはどの程度の厚さのものまで縫えるのでしょうか。 写真のようなものをテフロン加工のナイロンで作りたいと思っており、また帆布の布も縫えたらバッグも作りたいという思いもあります。 デニム生地とかもどれくらい重ねても大丈夫なんでしょうか。 ある程度厚いものでも上記の機種で縫えるのかお尋ねしたいです。 工業用針は付け替えの際の向きが家庭用針より難しいと聞き、目もよくないので自信がないのですが、 種類が多いのが利点とあるので、ゆくゆく上手くなって販売できたらとも、思うので悩んでいます。 実際に販売されてる方で家庭用針でも十分かどうかお聞きしたいです。 また他にもオススメがありましたらお教え頂けると嬉しいです。

画像

手芸 | 趣味108閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

工業用針のほうが強度が高いという記述は、工業用針の主力の DBx1 が二段伸線で曲がりに強いということから来ていると思います。 もちろん二段伸線ではない他の工業針に比べたら強いのでしょうけれど、家庭用針より強いという比較ではないはずです。家庭用針のほうがシャンクの太さが太く、断面積で言えば5割以上大きいです。それに、そもそもミシン針はまっすぐ生地に刺すのが基本で、それを曲げ強度で評価するのは工業用ミシンのような非常な高速で縫って理想的でない状態で酷使される場合にのみ意味があるのではないでしょうか。 それ以外については、下記のページが参考になります。 https://www.shimadamishin.com/column/columns010.html 工業用針を職業用ミシンで使う最大のメリットは、針の種類の多さにあります。熱に強いとか針強度が高いというのは事実であったとしても、手作業で縫製をしているような、一般家庭で使用している職業用ミシンではメリットにはならないでしょう。 私の場合、家庭用ミシン針にはない皮革用のLR針が手に入るので、工業用針が必要です。 家庭用針のメリットは、針の取り付けが簡単なことと針の向きが規定できるので糸通し器や自動糸切が使えることです。ただしこれも、自動糸切は便利かもしれませんが、糸通し器は下の回答者さんが書いている通りついていると邪魔だし糸を通す1回しか使わない物なので、私はメリットが少ないと感じます。 家庭用ミシン針の最大のデメリットは針の種類が少ないということでしょう。たとえば、家庭用針でニットを縫おうとすると選択肢はHAx1SPしかないので、工業用針のほうが有利とも言えます。 ただし、一般用、ニット用、皮革用みたいなおおざっぱな括りで良ければ、一般の手芸店では工業用針より多くの種類の針が手に入る場合が多いです。ちなみにHAx1BRはブラザー専用ですが二段伸線なのではないかと思います(使ったことが無いので間違っているかもしれませんが)。 結局、自分がどんな針の種類を使いたいか、どの程度針の種類にこだわりたいのか、あるいは限定された種類で十分なのかを見極めて選択するのが良いでしょう。 糸通しや糸切は副次的なものなので、あまり重視しない方がよいと思います。

1人がナイス!しています

例えば質問に貼られている写真のバッグは、ポケットの上下に酷いパッカリングが起きてしまっています。こういうのを対策するのには、押さえ、糸、針などを最適なものを選んで糸調子を整えなければならないのですが、針の種類が限定されると解決までの手段が限られてしまう場合があります。

その他の回答(5件)

0

tar********さんが、画像のパッカリングについて指摘されていますが・・・ このような縫い目だと、全く商品にはなりませんね。 難素材を縫う予定があるなら、多種多様な針が用意されている工業用ミシン針仕様のほうが後で後悔することが少ないかと思います。 細かな作業をする場合、針周りにある余分なものなどは非常に邪魔です。 時には、この糸通し器の部品に生地が当たってしまってとんでもないことになったりもします。 私もJUKIの30DX所持していますが、自動糸通し器は取り外しています。 又、JUKIの場合、押え金具を止めるネジも大きくて邪魔に感じる時もあります。 工業ミシンやジャノメの職業用ミシンの押え金具も止めるネジも邪魔にならないように非常に小さいです。 糸通しは、ミシン専用糸通し器が販売されています。 https://www.youtube.com/watch?v=GXuAiZ5t7nM こちらのほうが楽で簡単に糸が通せます。 私も使っています。 針の取り付けはJUKIから、工業用ミシン針 強力 「方向チェッカー」が販売されていますので慣れるまでこれを使用しても良いかも。 https://www.jukistore.com/shopdetail/000000001709/ 便利な機能も時にはそれが裏目になる場合も多いです。 下記の画像の左側はJUKIの押さえ金を止めるネジで右側がジャノメの職業用ミシンの止めネジです。 JUKIの大きなネジは手で緩めたり締めたり出来ますが、これが邪魔になる場合もあります。

画像

30DXには、自動糸通し器と上送り押さえが標準装備です。 上送り押さえは非常に便利ですが、この2つが標準装備することで、工業用ミシン針仕様、自動糸切り装置付きの30SPに比べて実売価格が8000円前後高くなっているのではないでしょうか? 価格的にも30SPの方がお得感があるかと思います。

画像
0

個人で1、2個特殊生地でバッグを作るのは良いのですが、仕事としてバッグを縫うなら工業用ミシンがお奨めです。 仕事でJUKIシュプールを使用するなら、主に服地を縫うまでにしておいた方がベターでしょう。 私も以前使っていたJUKIの職業用を処分し新しいJUKI職業用を買いましたが 家庭用針の職業用は最初から候補から外しました。 理由は「工業用針の買い置きが沢山あったから」という個人的理由です。手芸店に行くと、ミシン針を買い物カゴに入れてしまうのは習慣のようになっていた為ストックが貯まっていました。 ・・・という訳で仕事で使用するつもりはなく、ご自宅にサビていない家庭用針のストックがいくつもあるのであればDX でも良いように思います。 初心者の場合、針の付け替えは工業用針ほど家庭用針は神経を使いません。 家庭用針ミシンのメリットと言えるでしょう。 シュプールの場合、パワーは工業用針、職業用針共に変わらないようですので縫える厚みには変わりはないかと思います。針に関してはあくまで耐久性の違いです。

ID非公開

質問者

2020/10/11 15:43

ご回答ありがとうございます。 針は耐久性の違いなのですね。 買うからにはできるだけ色々使えて長くもつものがいいと思い悩んでおりました。 工業用針は種類が多いということなのでその辺をもう少し検討して考えたいと思います。

0

TL30(工業用針仕様)を使ってます。 一般的な家庭衣料や小物を作るのであれば充分対応できるかと思います。 キルトで5枚厚くらいでもキレイに縫えてます。 TL30DXを検討しているなら職業用ミシンでなくてもよいのでは? TL30DXは針交換の時に針の向きを間違えることはないと思いますが TL30(工業用針仕様)の場合は、針の向きを間違えると上手く動きませんので慣れが必要です。(JUKIから針方向チェッカーという便利アイテムが販売されています) 家庭用ミシンとは違い、頻繁にメンテナンスが必要な点も大きな違いです。 フットスイッチを踏んだときのスピードが家庭用ミシンとは、段違いなので実際に試し縫いをさせてくれるミシン屋さんで実機を確認してみる方がよいと思います。

ID非公開

質問者

2020/10/11 15:25

ご回答ありがとうございます。 職業用ミシンの方がメンテナンスが頻繁に必要なのですね。 メンテナンス動画を確認しましたら、釜周辺の掃除と油差しだったので、これくらいなら私でもできるかなと思いました。 家庭用ミシンより、職業用ミシンの方が縫い目がキレイで厚手にも強いという認識でしたので、職業用がいいのかなと思っておりました。 TL30DXも家庭用よりはそういった面で優れているのかと思っておりました。 職業用ミシンを考えるのであれば工業用針仕様のミシンがいいということですかね? 理解が足らずに申し訳ないです。

0

慣れたら丸針も気になりませんよ。 私は家庭用もたくさん持ってますが、職業用は280EXで丸針です。 やはり針の豊富さと硬さですよね。 家庭用は所詮家庭用なので。 それと職業用を使ったら分かりますが、針周りに糸通し機とかホント邪魔なので要らないです。 なくても糸は通せますよ。 さすがに厚みは、職業用も大変ですが。 8号帆布4枚までかと。それ以上になると、工夫して縫う技術が求められます。 ジーパンぐらいは縫えるけど、硬さと厚みで針で糸が抜けるかどうか?その辺りが関係するので、その時の材質にも寄りますよ。 少なくとも30DXは私は買いません。お金をドブに捨てるようなもの。 書き方は悪いですが、職業用を買う意味が無いと思う。 家庭用なら、別に家庭用機種に直線針板付ければ同じことなので。 綺麗に縫いたいなら、やはり色々と考えないと。 それと販売については、センスにも寄ります。道具を整えて品質を上げることは大事ですが、センスが伴わないと売れませんので。 頑張ってください。

ID非公開

質問者

2020/10/10 11:44

ご回答ありがとうございます。 30DXの口コミがよかったので候補だったんですが、もっと良いのがあるのですね。 機種はJUKIのSL-280EXですか? 回答拝見後、検索しましたが使用してあるブログは見つけたのですが、販売サイトが見つかりませんでした。 今は別の型になってるんですかね。 現在買えるものでおすすめの機種はありますか?教えていただけたら嬉しいです。 私にとっては高い買い物で、物足りなくなって買い換えができそうにないので、 買うなら色々使っていけるものがよいかなと思いまして。 工業用針が使える職業用ミシンも再度探してみます。 回答ありがとうございました。

0

職人の息子です(親は他界しました) TL-30DXは直線縫い専用なので、カーテンみたいなものを縫うには良いかもしれませんが応用が利きません 応用が利くのはアパレルミシンになりますが、デメリットとしては ・生地の厚みによってそれぞれ専用機がある(薄物・中物・厚物) ・200V電源 ・騒音が激しい。一軒家でないと無理かも ・本体がとても重い。機種にもよるが30〜80kg ので、工業用ミシンの導入はよくお考えになった方が良いと思います

ID非公開

質問者

2020/10/10 9:20

ご回答ありがとうございます。 工業用ミシンは厚さにより機種も違うのですね。知りませんでした。 賃貸戸建てで使用するので、職業用ミシンで考えており、職業用ミシンで調べると 針が工業用針と家庭用針を使用する機種があったので、質問いたしました。 予算がないので、先に職業用ミシンを買って、また後でロックミシンを買おうと思っています。それまでは布端の処理は実家にある家庭用ミシンを借りようかと思っています。 親御さんが職人さんだったのですね。身近にそういう方がいらっしゃるのが羨ましいです。これから色々勉強してモノづくりを満喫していきたいです。 お返事ありがとうこざいました。