回答受付が終了しました

ID非公開

2020/10/11 0:11

22回答

秘書検定2級のテキストの敬語のところで、

1人が共感しています

回答(2件)

0

二重敬語ですから正しくありません。 ご承知のように二重敬語は、一つの言葉に同じ種類の敬語を重ねて使うことです。 「ませんでしょうか」は、丁寧語「ます」の未然形「ませ」と丁寧語「です」の未然形「でしょ」を重ねて使っているので二重敬語です。 「ご足労ねがえませんか」「ご足労願えるでしょうか」 「いらっしゃっていただけませんか」「いらっしゃっていただけるでしょうか」 が正しい敬語です。

2

その違和感は、正しい感覚だと思います。 本来の言い方だと「ご足労願えませんか」「いらっしゃっていただけませんか」と表現していたはずです。 秘書検定の専門の先生は、日本語の研究者ではないので、最近の一般的な言葉遣いから判断しているのだと思います。 「ませんでしょうか」を分析すると、 「ませ(丁寧の「ます」)」+「ん(打消しの「ず/ぬ」)」+「でしょ(丁寧の「です」)」+「う(推量)」+「か(疑問)」 となりますが、おそらく違和感の原因は、「ます」+「です」にあると思います。 1.〇来ます。/×来るです。/×来ますです。 (参考:来るっす) 2.〇来ません。/?来ないです。/×来ませんです。(参考:来ないっす) 3.◎来ましょう。('Let's'ではなく、'will come'の意味で)/〇来るでしょう。/×来ますでしょう。 4.〇来ないでしょう。/?来ませんでしょう。 面白いのは、この数十年で急激に変化した結果、「×来るです」はいまだに間違いとされているのに、「〇来るでしょう」は一般化しています。むしろ、本来正しいとされてきた「◎来ましょう」が今では使われなくなり、「〇来るでしょう」に淘汰されています。 私が子どものころの天気予報士のおじさんは、「a.あすは晴れましょう」と言っていましたが、今では「b.あすは晴れるでしょう」と言っています。aの表現を使う世代はすでに百歳前後になっていて、それ以下の世代では、「言語の乱れ」が生じています。

2人がナイス!しています

「来ますでしょう」は私の語感で不可としましたが、「来ますでしょうか?」のような表現は、最近はよく耳します。言葉遣いは、時代とともに変化するので、「正しい」とか「正しくない」という判断は、その人の規範意識によって違います。 よく間違った表現として「二重敬語」が問題にされますが、「お召し上がりになる」(「召し上がる」と「お~になる」との重複)はすでに違和感を感じる人がほとんどいなくなり、今では逆に推奨されています。平安中期の「せ/させ+給ふ」も本来二重敬語ですね。