回答(9件)

2

いいえ,ガス層に溜まってるメタンという気体は無臭なので仮に地表に出てきても異臭騒ぎにはならないはずです。

2人がナイス!しています

0

人工地震を起こさせようとしてプレートをどこかの国や団体が弄っている可能性もあるかな?この世の中は破壊と再生で出来ているらしいけど、自然界は人間の恐れや恐怖を吸収して連動するという意見もあるので、とにかく非常事態に備えつつも、今を大事に生きる事も肝要かな、と思います。

2

断定はできませんが、地震も十分に考えられると思います 私的には浦賀水道あたりで大きめの地震があり、相模トラフの地震に繋がるのではないかと懸念してます 1922年 浦賀水道地震 1923年 関東大震災 この筋書きが脳裏に浮かんできます 1923年の関東大震災の最大の予兆は、前年の浦賀水道での地震だと私は思ってます 普段はまったくと言って平穏な浦賀水道ですが、あの場所で何か不可思議な事が起きた時は要注意だと私は思ってました 異臭が何でもなければよいですが、横須賀~横浜という領域が妙に気になります

2人がナイス!しています

3

異臭騒ぎは地層の変動に伴う地下ガスの噴出です。この後、大なり小なり必ず地震が起きます。備えはしておいた方が良いです。

3人がナイス!しています

1

学術会議の問題から少しでも国民の目を反らしたい、菅政権の「電通戦略」です。(;一_一)

1人がナイス!しています