むち打ちで自賠責後遺症14級9号認定された方いますか? どのような自覚症状、診断書、画像的所見で認定されましたか?

交通事故 | 病気、症状104閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

2020/10/16 17:06

医者のやる気も大事ですね。私の主治医のように、「むち打ちでは絶対無理」と最初から決めつけているようでは、可能性はゼロですね。いい医者に巡り合えなかった不運と思って諦めます。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございました。自賠責は、申請しない事にしました。

お礼日時:10/23 15:19

その他の回答(4件)

0

以前に2回 14級9号の認定経験(頸椎捻挫・腰部挫傷)からの話ですが、認定には、「症状固定時に残存症状が、認定基準に達しているか?いないか?」です。 診断書の内容も、自覚症状はもちろんですが、自覚症状を裏付ける他覚的所見は必要と思いいます。痛みがあることを、他覚的に証明する必要があります。それ以外にも、事故の内容・通院実績・症状の経過・投薬・リハビリ等・・・ 全てのことを勘案され、判定されるようです。

0

本人が痛いとか痺れる等の自覚症状だけで認定されるなら非該当になる申請者はいませんが、14級9号相当の自覚症状だけで認定される可能性はごくわずか、そのマニュアルもありません、ほぼ運的な要素が高い等級。 申請費用や労力が無駄になる可能性は高い、それでも申請しなければその僅かな可能性もなくなります。

0

100件以上、ムチウチ(頸椎捻挫等)で事前認定しましたが、14級9号に認定されたのは、2件でした。 非該当の場合、自賠責から非該当理由は書かれていますが、要領を得ません。 言えることは、認定された案件は大きな事故であったことです。 頸椎捻挫等で自賠責に請求する場合は、事故状況・事故車両の写真・修理見積書のコピーも添付します。ある程度、事故の衝撃も判断に影響している気がします。 いづれにしても、他覚的所見なければ、認定は厳しいと思います。

100件以上やって2件ですか・・・。被害者請求での認定率を調べると5%くらいと出てくるのですが、実際は更に厳しいようですね。 「請求するだけ無駄」と言われて腹が立ったものですが、それが正しかったという事ですね。 ありがとうございました。

0

自覚症状は、良くなったり悪くなったりせず一定 画像所見あれば12級です。 診断書はそのまま・・・ またこれだけで認定されるわけでもないのでどういう条件で認定されるかなどはありません。