印税に詳しい人に質問。 音楽のライターは自分が作詞や作曲した曲が売れれば売れるほど印税をより多くゲットできるのでしょうか?

印税に詳しい人に質問。 音楽のライターは自分が作詞や作曲した曲が売れれば売れるほど印税をより多くゲットできるのでしょうか?

作詞、作曲 | 法律相談26閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">50

ベストアンサー

1

基本的にはそうですが、やや複雑な事情を理解する必要があります。 著作権者は著作物が使用されたら使用料をもらう権利があります。 ただ、著作権は著作者にあるとは限らず、普通は音楽出版社やレコード会社などに譲渡し、使用料は著作権を現に持っているところに入ります。 著作者は著作権を譲渡する際に契約を交わします。この内容によりもらえる金額は変わります。

1人がナイス!しています

回答ありがとうございます。 詳しく書いてくださり感謝します。 それは主にJ-POPに歌詞や楽曲提供する日本人ライターでも、洋楽のスターに提供しているアメリカ人ライターでも条件は似たようなものでしょうか?

その他の回答(1件)

0

そうですっ・・・ 売れないことには、印税は入ってこないのでねっ・・・ だので、発行に際しての印税かそれとも実績ってかっ、実際に売れた数による印税かでも変わってくるけれどっ、例えばCD化した初盤とかなら発売数に応じて印税が入る契約で、その他に重盤したなら売れた数でって契約になるんじゃあないかなっ・・・ だのでっ、例えば小説家なら初版の発行部数に応じた印税で、再版の場合は売れた数でってこともあるだろうしさっ・・・ だのでっ、売れ続けていると印税はガッポガッポ入ってくるみたいな、まあっ、売れっ子漫画家とかさっ・・・ だのでっ、作詞・作曲者なら印税の他に著作権料なんかの他に、使用料とかも入ってくるしねっ・・・ 例えば、物まね番組で誰誰の有名楽曲を歌うとかてのそうだろうし、カラオケ店なんかもジャスラックに使用料を支払っているしさっ・・・ そこから、著作者に使用料が分配されていくって流れのはずだけどねっ・・・ 参考↓、ジャスラックHPよりっ・・・ 使用料が作詞者、作曲者、音楽出版者に届くまで https://www.jasrac.or.jp/bunpai/charge/index.html まあっ、急いで書き込んだのでところどころ法解釈的な誤謬があるかもしんないがっ、概ねこんな感じってことですよっ・・・

回答ありがとうございます。 詳しく書いてくださり感謝します。 それは主にJ-POPに歌詞や楽曲提供する日本人ライターでも、洋楽のスターに提供しているアメリカ人ライターでも条件は似たようなものでしょうか? そのアメリカ人ライターが提供した曲でHitした作品が一つもなかったと仮定します。 知名度が低くスターに提供したことがあるが、HOT100 一位になるような大ヒット曲はないと仮定します。