回答受付が終了しました

登山者のレベル分けについて。 よく登山者を 初級・中級・上級と言うような レベル分けをしますが、 初級・中級・上級とはそれぞれ

登山254閲覧

回答(20件)

0

初級:連れてってもらう 中級:自分で計画を立てられる、初級を連れて行ける 上級:雪山・沢登り・岩稜などバリエーションをやり出すと上級に手がかかったかなという感じ でも違うなぁ・・・、それでもまだ中級だな。 冬期バリエーションまたは冬期アルパイン 登攀要素の大きい沢登り 無雪期でもクライミング要素の大きいバリエーションまたはアルパイン この辺を連れて行ってもらうのではなく計画し自力で行ける人 かな。

0

行ってきた回数と行く山の標高 guide付きではなく自分で行ける方 1-2年は初心者5年もたって自分だけで行ける方は中級 お仲間誘って自分で計画して他の方を連れていけるなら上級

0

上級 剱岳 中級 槍ヶ岳 初級 富士山

2

初級 体力自慢 中級 ギア自慢 上級 山引退

2人がナイス!しています

0

初 仲間でワイワイ!楽しいぜ! 中 二人で登攀。、異性とのザイルパートナーも。友達いない。 上 家族離散。離婚。親権なし。滑落全身骨折打撲歴数回。登山費用のために稼働して貯金してる。親からも勘当扱い。常にソロ。今年の厳冬期もも色々な壁を狙って病んでる。社会的落伍者。

初 ヤマレコヤマップ参考にしつつで楽しみながら山行計画立案 中 誰も登らない藪や谷しか行かないので、とりあえず2・5万分の1の地形図を見ながら計曲線の緩い尾根を狙う。あるいは谷。で計画。 上 家族友達がいないのでこのカテで自慢話をせっせと投稿する。