暗号について。なぜ先の大戦で、日本の暗号が連合国軍側に解読されてしまったのでしょうか?

暗号について。なぜ先の大戦で、日本の暗号が連合国軍側に解読されてしまったのでしょうか?

歴史 | 数学134閲覧

ベストアンサー

1

【”パープル暗号”】。1941年明けに米陸軍は、パープルの模造機を完成。 1941年だけで227通のうち223通の解読に成功する。 4月、大島駐独大使はドイツから「駐米大使宛の外交暗号がアメリカ国務省に解読されている」と警告を受ける↓つまり日本側は、暗号が解読されていると知ってた事になる。 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%AB%E6%9A%97%E5%8F%B7。 日本側は、暗号の運用にミスが多かった。 ドイツ軍と同様に、プラグボードに対して過剰な安心感を持った。 同世代の米国暗号機、SIGABAには、プラグボードが見当たらない。

画像

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答ありがとうございました。暗号を全文解読する機械があったのですね。ご回答に感謝いたします。

お礼日時:10/27 21:24

その他の回答(6件)

1

技術力の差は当然あると思いますが、 日本は何でもかんでも暗号文で送信したので 解読のヒントを与えてしまった。

1人がナイス!しています

1

現代においても、詳細は機密であるのか? 詳細まではわからんようですねぇ~。 推測にゃなるが、無論暗号解読系のネタというか法則ってのは ある程度あったりもする。 受信機何か入手しちゃえば割と楽♪ だが、内通者って可能性も無論否定出来まい。 尚、山本長官機撃墜事件に関しては… 暗号解読以前の話がある。 前線視察というか、前線の兵士への慰安の意もあって 山本五十六は(一応護衛機はいた)飛んだ。 その行動が筒抜けだったのは、アメリカの暗号解読によるものだ。 が、何故暗号解読以前のって言うか? その少々前に、暗号を更新した。 だが、その前線の部隊は多分?新暗号に対応してないだろう って事で、シンセツに旧暗号でも同じ内容を送ったΣ(゚д゚lll) お、こりゃラッキー♪ 新暗号もこれでバッチリ解読出来るね…工エエェ(゚〇゚ ;)ェエエ工!? かつ、あの山本長官が大した護衛無しに来る。 …って事で、弾のオモテナシをアメリカが(;゚Д゚)! 無論、暗号に関してそこまで明確な公表があったワケでは 無いが状況的にどうもそういう感じなようです (まぁバレてても山本長官自殺説ってのもある位だし 織り込み済みって解釈も出来なくは無いのだが(;一_一)。o○)。 別件。 これは有名な話で、ミッドウェー海戦前 日本側がミッドウェーを主眼として動く事はアメリカには 確信は無かった。ただ、暗号で<AF>というのがキーだった。 で、平文(暗号化されてない通信)で 「ミッドウエーは水不足」と日本側に傍受されるように打電。 すると、まんまと「AFは水不足」と打電してしまった。 AF=ミッドウエー…と、バレた瞬間であった。 こういう欺瞞に関しては、アメリカが上手であったと言えよう。 しょっぽクン

1人がナイス!しています

尚、近年はマシになったと思うが 昔の日本は(一応戦後)情報管理が甘かった。 社外秘なネタも、赤ちょうちん(一応今もあることはあるが まぁ居酒屋のようなものと思ってもいいか)で ベラベラ喋ってバレるってな話も┐(´д`)┌ヤレヤレ。

1

日本の暗号は簡単なものでした、本格的に作り始めたのは明治以降のこと、 全て欧米に教えてもらって作り始めたのです。 乱数表を使うことも欧米の教えです。 先生が生徒の暗号の作り方の癖が見抜けないはずが有りません。 暗号解読を任されていた人が「アメリカの暗号はさっぱりわからなかった」とさじを投げていました。

1人がナイス!しています

1

アメリカ軍は戦前から日本軍の暗号を解読しようと躍起になっており、 潤沢な資金力に物を言わせて膨大な人材やスパイを投入しています。 このため解読の土台が既に築かれている状態から戦争がスタートしました。 加えて撃沈された伊124や伊1から暗号書を鹵獲しており、ただでさえ 速い解読速度を更に速めています。対する日本側は定期的に暗号表を 更新していましたが、タネが分かっているのですぐに解読されました。

1人がナイス!しています