高校1年工業科です。 電圧計とオシロスコープを読んだ時になぜ違いがでるのか。という質問ですが答えを教えて下さい!お願いします

工学34閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

わかりやすい説明でした!! ありがとうございます!

お礼日時:10/24 10:14

その他の回答(2件)

0

直流は、基本同じ。多少の違いがあるとすると、測定機に流れる電流によって、測定電圧の供給元が、へたって電圧が下がること。前の人の言うようにオシロの方が優秀。 交流測定はそうは簡単じゃない。そもそも交流の電圧とはなんぞ? 最大(最小)? 入力周波数も決まってない汎用で、ピーク電圧ホールド回路いれるのたいへんだよね?却下。 ありそうなのは、平均値か実効値。勘違いしないように、交流波形の平均値は0になりそうでしょ? 本来は、実効値にしたい。オームさんの法則ともなかいいし、消費電力的に同等というのが狙い。ところが、完全正弦波なら、理論値に、平均値とかピークからこれくらいという算数ができるので、メモリを書き換えればそれでよい。 でも完全正弦波からひずむと、それでは対応できない。 まあ、誤差の範囲と割り切らんといかん。

0

電圧計は実効値が表示され、オシロは波形が出るので波高値を読むので、まずそれが違います。あと、普通は内部抵抗(インピーダンス)がオシロの方が高いので、それによる違いもでます(オシロの方が正確)。