ID非公開

2020/10/20 14:31

1212回答

中森明菜、松田聖子、山口百恵など昭和の大スターのすごさは、同じ時代を共に生きた人じゃないとわからないと思いますか?

邦楽277閲覧

2人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(11件)

5

自分は多分その時代に生きてたんですが、洋楽にかぶれていたので、日本の歌謡曲ダッサ、と思ってました。今になって、あれ、山口百恵かっこええ!と気づくありさまです。

5人がナイス!しています

6

そんな事はないですよ。 最近の昭和歌謡曲ブームで、山口百恵さん、松田聖子さん、中森明菜さんは、今の若者に人気だと聞きます。 当時、彼女達の成長の過程を時系列で肌で感じながらリアルに感じてきた人達と全く同じ感覚かと言えば、それは違うとは思いますが、今の若者の中にも、彼女達の良さを分かる人が増えているようですね。 音楽に限らず、芸術って、良いものはいつの時代も良いと思いますけどね。流行り廃り関係なく。 山口百恵 https://youtu.be/J-250KmWQNs 松田聖子 https://youtu.be/SNX7rjkjm_E 中森明菜 https://youtu.be/x7yO9cO_ALY ちなみに、レコードを聴く事自体が高価だった昭和の時代と平成のCDバブルの時代の売上枚数を数字で単純比較する時代感覚の無い回答者もいるようですが、レコード1枚売る価値が時代によって違います。 時代を代表するスターが山口百恵さん、松田聖子さん、中森明菜さんだった事は事実です。 山口百恵 1970年代を通して全アーティスト中でレコード売上げ1位 松田聖子 1980年代を通して全アーティスト中でレコード売上げ1位 中森明菜 1980年代を通して全アーティスト中でレコード売上げ2位(松田聖子さんとの差は僅差です)

画像

6人がナイス!しています

2

ID非公開

2020/10/20 20:56

昭和の大スターは、その3人だけでは、ありません。 古い話なら、美空ひばりが人気がありました。 天地真理、ピンクレデイ―等は、爆発的に売れ、社会現象になっていました。 90年代もその3人を超える歌手が出現しています。 レコード売上を見てみると、浜崎あゆみ5100万枚、安室奈美恵3400万枚、宇多田ヒカル3200万枚、松田聖子2900万枚、中森明菜2500万枚、山口百恵1600万枚です。

画像

2人がナイス!しています

4

松田聖子の日本を代表するほどの定番アイドル的なキュートなJPOPは、今の時代の人にも十分に通じるかもしれません。 しかし、山口百恵の常軌を逸したかと考えられないほどの猛烈なオトナの色気や、ひとたびステージに立てば美空ひばりを凌駕したかと前代未聞なほどに巨大化する中森明菜などは、リアルタイムで感じた人だけが理解できるかなと思います。 売り上げ枚数やランキングなどの記録が物語るのは、彼女たちの、ほんの一部にしか過ぎません。

4人がナイス!しています

1

「同じ時代を共に生きた人」というだけでは条件が不足していて、分別のつく年齢の時に全盛期をリアルタイムで見てきた人にしか得られない「すごさ」は分からない。 時代を超えて「すごさ」と感じられるのは現代的な価値観(ものさし)ではかった普遍的に変わらない所だけで、いかに情報を集めて知ったつもりになれてもその時代の【熱量】だけは肌感覚で感じ取ることが出来ない。 知らない人に「すごさ」を伝えにくいのはそういうところがあるからじゃないでしょうか。

1人がナイス!しています