回答受付が終了しました

ips細胞を使った人工腎臓は何年先に実用化できると思いますか? 質問ではないですが、皆さんのご意見を聞かせてください

ヒト77閲覧

回答(2件)

0

実用化、つまり、一般の方で透析を経ず、人工腎臓を移植して、かつ、診療報酬上で算定できる、となれば30年は掛かるのではないでしょうか。 人工腎臓自体は10年以内にできるかもしれません。そこから実際に移植して癌化など慎重に経過を見ます。これでさらに10年。そして先進医療として保険外で件数を重ねるのに10年。と大雑把ですが30年と考えます。 その前に全腎臓だけではなく、一部でも移植して透析を経ずに済む可能性があります。それならばもっと早いかもしれません。また、人工腎臓によって慢性腎臓病の機序が解明されれば、それを防ぐ薬の作成も早いと考えます。