硬貨はなぜ磁石にくっつかないのですか。 素朴な疑問です。

一般教養 | 化学172閲覧

ベストアンサー

5

5人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

皆さま、どうも有難うございました。 科学に疎い自分には大変解り易かったので 泰平の逸民さんをBAにさせていただきました。 どの回答も大変勉強になりました。 賽銭ドロボーの防止というのも 案外、的外れではないという気もします。 盗り放題ですもんね(/ω\)。

お礼日時:10/21 22:58

その他の回答(5件)

1

磁石に着く金属が硬貨に使われていたら 当然、磁石に着きます。 (外国のコインは磁石に着くものもありますが、 今の日本では製造されていません。) 上記の理由は、極々、当たり前の事で 「素朴な疑問」にもなりません。 たぶん【同じ金属であっても、磁石にくっつく物と、 そうでない物の違いは何か?】 が素朴な疑問なのではと思います。 多くの物質はスピンがばらばらで、 互いに打ち消されて磁力を持たないのですが、 鉄やコバルトなどいわゆる強磁性体では相殺出来ない 電子の余り軌道(3d軌道と言う)が生じます。 鉄などの物質が強い磁界に入り込むと、 余ったスピンにより強磁性体(磁石)に吸い寄せられます。 アルミなどすべてのスピンが打ち消し合う物質は、 スピンが余っていないので吸い寄せられる事はありません。 ~~~~ 参考: 3d軌道とは 原子核の外では多くの電子が様々な動きをしています。 しかしパウリの禁制率によって、 各軌道には上向きスピンと下向きスピンの2個しか入れないので、 大部分の電子のスピンは打ち消しあって磁気モーメントに寄与しません。 電子の軌道運動による磁気モーメントも、 幾つかの軌道からの磁気モーメントによって打ち消されて、 磁気モーメントに寄与しません。 ところが3d軌道が閉殻となっていない遷移金属や、 4f軌道が閉殻となっていない希土類元素の場合、 フントの法則により (最外殻の電子は構成スピンが最大になるように配列する。) 磁気モーメントが生じます。

1人がナイス!しています

0

磁石にくっつかない金属材料が使われているからです。 金属がすべて磁石にくっつくかというとそうではなく、金属にも磁石にくっつくものとくっつかないものがあるのですよ。 そういう材料の種類の問題。

0

神社の賽銭泥棒をこらしめるためです。 働かざる者、食うべからず。