その他の回答(5件)

0

こんなことやろうとしてるんだから否決されて当然です。 大阪都構想とは 「大阪市の持っている権限と力、お金をむしり取る」ことが本当の目的で 広域行政の一元化などと言いつつ、実際にやろうとしていることは、そのお金を市民の為ではなく、カジノやIRなどの成長戦略に使うことがもう明らかで 大阪府にとっては都構想が可決しても何の変化もなく今まで通りで大阪市の財源と権限ががっぽり入ってくるので得になることしかなく、逆に大阪市は権限と財源をむしり取られて損になることしかない。 いかにして大阪市民を騙そうかと美辞麗句をまくし立て 「ラストチャンス」と言いつつ全然「ラスト」ではなく「エンドレス」で 市長自らが「今の大阪に二重行政はない」と言っているのにも関わらず二重行政解消を掲げて大阪市を廃止解体しようとしている、おかしな構想で ウソでも何でも構わない可決さえしてしまえば、こっちのものという考え方で 大阪市の税収の75%が大阪府にカツアゲされ そのうちの2000億円が大阪府にネコババされ 特別区の税収は1/4に激減 国からの地方交付税1100億円は大阪府にネコババ 広域行政の権限(水道、消防、救急など)は大阪府に剥奪 水道代は大阪市内は約2000円、大阪府か約2800円高くなるのは確実で 副首都になどならない。ただ大阪市の廃止分割 大阪都になどならない。大阪府のまま 現時点で既にプール、スポーツセンター、老人福祉センター、子育てプラザの縮小計画が想定されていて 住所表記が変わり余計な負担が発生。費用はもちろん自前 土地、建物、美術品など大阪市の多くの財産が府に剥奪され 初期コスト200億円、イニシャルコスト毎年20億円 経済効果は1億円。完全に費用対効果を無視 維新の経済効果の試算は全てがデタラメ 詐欺パネル、詐欺パンフレットを使用しての「いいことしか言わない」住民洗脳説明会で市民を集団催眠状態に陥れ コロナの影響で来年の大阪市の税収は500億円減の予想 コロナ以降の財政状況の試算は赤字。 インバウンドは壊滅状態。 コロナ終息のメド全くなし。 したがって IR カジノ 大阪万博全滅。 「維新は教育予算を8倍にした」というが、それが教育予算一部が8倍になっただけで全体の予算は、ほとんど変わらないという事実をひた隠しにし 「自民と共産が同じ選挙カーに乗って演説している」と批判しておきながら自分達は「維新と公明が同じ選挙カーに乗って演説」しても何もおかしいと感じないほど自分本位で。 協定書に「住民サービス維持」と明記しているのは「特別移行時」だけ、それから先は「維持に努める」という「努力目標」で 大阪市の独自財源で行われてきたサービスが消滅 (こども医療費助成、敬老パス、住宅ローンの利子補助、塾代助成、学校給食無償化、国民健康保険の補助など) 大阪府の借金は大阪市の1.5倍 大阪府の減債基金の積立不足額4000億円で日本一 財政の苦しい大阪府を救うための捨て石にされ 市の税収が府の借金返済に流用されても誰にもわからない 特別区長は単なる大阪府知事の部下の名ばかり課長 特別区民は大阪府の下請け会社の社員と同じ ワン大阪ではなくフォー特別区 大阪が一つになるのではなく大阪市が四つになる 「大阪市が廃止される」という基本さえ理解してない市民が大勢いて 住民投票用紙に「大阪市の廃止」と書くと反対されるから「大阪市役所の廃止」に変えてくれという、ありえないお願いをする大阪市長がいて 都構想が失敗して「話が違うじゃないか」「どうしてくれるんだ」と泣きついても元に戻す法律はなく後の祭りで、維新から「決めたのは、あなた達でしょ」と言って切り捨てられる。 都構想は改革詐欺です。 【都構想緊急対談Part1】 二重行政撤廃で財源は浮かない! 誰も得をしない都構想の真実が市民に伝わらないワケ 三橋貴明 × 柳本あきら(前大阪市会議員) https://youtu.be/ImLsrVww1_E

0

既得権を守るために反対派が必死で根拠の無い不安煽りしてますからね。とかく人は現状維持バイアスがあり、変化に不安を感じるものですから。

0

そうだねぇ…反対派が必死になってネガキャンしまくってるから否決されてしまうかもね~