ID非公開

2020/10/21 0:43

44回答

労災受給中の損害賠償請求について、同じような経験をされた方がいらっしゃいましたら、どうぞご意見を聞かせていただきたく存じます。

労災受給中の損害賠償請求について、同じような経験をされた方がいらっしゃいましたら、どうぞご意見を聞かせていただきたく存じます。 今年の1月、夫が深夜勤務中に高所から落下し、左足に全治半年以上の怪我を負い3カ月入院して退院後も回復が思わしくなく、現在もリハビリで休職中です。 仕事内容は高速規制です。 事故当時の状況ですが、元請けの大手企業がトイレカーの配備を怠っており、用を足したい時は照明を消してその辺でコッソリするように言われていたため、 明かりを消して適当な茂みに入った時に足を踏み外して5メートル程下に落下して救急搬送されました。元請けの大手企業は安全基準違反を認め、所属している会社からは労災手続きと、会社が独自に入っていた保険から総額68万円程の支給がありましたが180日で打切りになり、現在は労災以外何もなく毎月20万程支給される中から毎月5万円近くの社会保険料を会社に振り込んで、その残りで家賃や光熱費等を支払い、家族3人で暮らしています。入院中の持ち出しや3日間の休業補償も全てその保険金で賄うように言われ、休職が長期になればなる程僅かな足しにしかならず、苦しいです。 慰謝料等の損害賠償請求を元請けと会社にしたいのですが、何件か弁護士さんに相談すると、後遺症認定がされてからまた来てくださいと言われました。 計算のしようがないのも理解できますが、会社の対応に不満があるのと経済的に逼迫している為、一刻も早く請求したいです。 まだ治療中で再手術の予定もある為、なけなしの保険金を極力崩さずに、このままジリジリと待つしかないのでしょうか‥‥‥。 夫は転職に一度失敗しており、貯金もあまりありません。未就園児が一人おり、来春入園するまで私がアルバイトすること等も考えていますが、 現在の経済的困難な状況を元請や会社に対して働きかけて保障をして貰う手立ては何かないものでしょうか。 夫は怪我の苦痛に加え、社内や上司から散々迷惑をかけられたと責められていて、意気消沈しています。 現実的なお話を聞かせていただけますと幸いです。

法律相談 | 労働問題53閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">500

ベストアンサー

1

基本的には弁護士さんが言うことが正しいです。 損害賠償請求というのは「損害が確定してから」行います。なぜならそれが一番依頼者と弁護士の利益になるからです。 ただし、目先の生活費が困っているからと言う理由で、損をしてでもすぐに補償が欲しいと言う場合もあり得ます。 なのでそれを弁護士にしっかりと伝えるべきかと思います。 ただしその場合はかなりの損を覚悟した方が良いです。 例えばですが後遺障害等級が12級とかで、被災者がまだ若い場合、余裕で1000万円以上の差が出ます。 その金額を棒に振ってでも早く賠償が欲しいのなら、弁護士を変えてでも今すぐ交渉・訴訟をしてくれる弁護士を探してみてください。

1人がナイス!しています

ID非公開

質問者

2020/10/27 10:17

具体的なご意見ありがとうございます。 損害賠償請求内の一部として、休業保障のみを(労災負担分の残り)保険打切り後からの日数分請求したいので、その際に参考にさせていただき、専門家に聞いてみようと思います。

その他の回答(3件)

0

私も現在労災でリハビリ通ってます 夜中の仕事で休憩に行く時に落ちてカカト粉砕骨折しまして 入院 手術2回 リハビリですね プレート入ってますし 1年かかると言われました 医師には 春頃また手術しますね 私は 損害賠償ですが それは全てが終わってからですね 医師が症状固定と言われて 後遺障害労災に出す 認定されるかわかりませんが 全部終わってからやった方がいいですよ 私も終わってから弁護士に相談行きますし 損害賠償請求します 金が無く厳しいならショットワークスだってあるんだし働けばいい 私は働きたくても働けない 正座が出来ない、足が曲がらない 長時間立ってられない あなたは甘いですよ。

この返信は削除されました

0

残念ながら、慰謝料と損害賠償請求は障害認定が下りた後が良いのは間違いありません。 治療費(自己負担分は除く)ですが、こちらは労災ですから無料になっていますよね? それと、現実的な話をすれば、あなたは働きに出るべきです。 ご主人がいつ復帰できるかわかりませんし、復帰しても今まで通りの仕事ができるかもわかりません。しかも、現時点で家計が苦しい状態です。 ならば、少なくても今はあなたが一家の大黒柱になるべきだし、お子様がいても少しでも足しになるように職を探すのがあなたのできる最善の努めです。 厳しいですが、頑張ってください!

この返信は削除されました