回答受付が終了しました

5500万の住宅ローンについて(30歳、年収900万) 住宅購入を考えており、5500万(土地3000万、上物2000万、諸経費500万)程度の借入を検討しています。

回答(5件)

0

今の時代、今後も給与が上がる前提で考えるのはリスク大ですが、 住宅ローン返済中も、現状で共同部分の収支が赤字にならないのであれば、 無理のない返済計画と言えると思います。 ただ一般的に言えるのは、 子どもが出来て、共稼ぎの継続が不可になるリスク、 その場合どうなるかもシミュレーションしておくと良いかもしれません。 ちなみに、一戸建てでは、 固定資産税、外壁・屋根塗装、シロアリ消毒、 庭木手入れ等が掛かります。

1

素晴らしいシミュレーションだし、世帯年収もかなり高いので余裕のよっちゃんなのでは。 万が一のことがあって払えなくなっても、ローンのうち土地が占める割合が高いので、売ればだいぶ回収できるし。 まあ楽勝なのでは。 保険関係のことが書いてないのでそこだけは少し気になりましたが、「臨時出費」の積立もあるので医療費の心配はなさそうですね。

1人がナイス!しています

1

こんにちは。都内でマンション経営をしている者です。 戸建ての場合、 ・屋根や外壁のメンテナンス費用として、15年に一度くらいは塗装や防水工事をする予定にしておいた方が良いので30年で2回するとして初回120万円、2回目180万円くらい、計300万円くらいを見込まれておいた方が良いと思います。 ・あとはお子さんが独立したり、定年して老後を迎えると、リフォームをするご家庭が多いので、水回り交換や間取り変更で最低300万円~500万円ほど見ておかれた方が良いかと思います。(あるいはマンションへの買い替えなど・・・) 私の知る限り、戸建ですと、一度もリフォームせずにずっと住み続けるご家庭の方が稀なため・・・。 ご参考になれば幸いです。

1人がナイス!しています

1

離婚、会社の倒産、がんの宣告、不倫、死亡、不慮の損害賠償。犯罪に巻き込まれての障害、交通事故の加害者被害者、反社による脅し その中で一番怖いのが双方の不倫による家庭崩壊でしょうね。カタログ上完璧なほど簡単に崩れ去ります。

1人がナイス!しています