ビブラムを越える物はありますか?

ビブラムを越える物はありますか? 昔からビブラムソールが有名で、今の登山靴も 結構な割合でビブラムソールが採用されていますね。 (種類はたくさんありますが) ビブラムに代わる、もしくは同等の性能で安いソールなど出ているのでしょうか? そこそこのメーカーも 専用のソールを開発していますが、ビブラムのように業界を席巻するような物がないですね! 日本の素材メーカーなら開発できそうな気もしますが? ビブラムを越えている物は既に出ているが、知られていないだけ? (性能×価格で言っています) 詳しい方お願いします。

登山79閲覧

ベストアンサー

1

個人的にはモンベルのトレイルグリッパーがソールとしてのグリップと耐久性のバランスが良いと思います。 ビブラムって耐久性には優れているけどそれ以外はあまり性能良くない。海外でプロが年間2万キロとか歩くのに耐久性で信頼度が高かったので広まったけど、日本の週末ハイカーが崇拝できる代物ではないですよ。ソールが減る前に接着剤が経年劣化するとか、道具選びとしては愚の骨頂だと思いますけどね…(笑)

1人がナイス!しています

モンベルのトレイルグリッパー 調べてみたのですが、結構評価が高いですね!  日本ではビブラムを越える性能との評価が多いですね! 一度試してみます、ありがとうございました。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

貴重な情報ありがとうございました。 試してみます。

お礼日時:10/23 19:47

その他の回答(9件)

4

ビブラムがゴム底のデフォルトみたいな存在になっていますね。昔は重登山靴用のモンターニャと登攀用のロッチャの二種類しかありませんでしたが、今はコンピューターによるパターン設計や製造機の制御が普及したので、ものすごい数の種類があります。それでも、市場としてはニッチなのでしょう、この分野に参入してくるメーカーはほとんどありません。 かつてはタイヤ・メーカーのピレリーも作っていました。滑りにくい、減りにくいことが求められる点で、タイヤと登山靴の靴底は共通していますから。ピレリーが撤退してずいぶんたちますが、最近はミシュランがマムートに供給しているようですね。私は使ったことがありませんから、ここで何かいう資格はありませんが、タイヤでトップクラスの定評あるメーカーですし、マムートが採用しているところからも、期待できそうですね。 もう40年も前になりますが、登山靴のガリビエは自社製のジャヌーとか真カールというオリジナルのゴム底を使っていました。ガリビエは化学工業ではありませんから、自社で作っていたわけではありません。他にもセムリーとかトラプール(当時、日本ではレタポアと呼ばれていた)などが一部自社製品を使っていました。秋葉原のニッピンもNPソールとか使っていたことを覚えています。 そんな歴史ではありますが、今なおビブラムが圧倒的なシェアを持っていますね。そんな中で、モンベルがトレール・グリッパーで一定の評価を得ているのは大したものだと思います。グリップ力が高い、摩耗が早いというのが周囲の声ですが、フリクションと耐摩耗性はトレードオフなので、矛盾はしません。同一条件下の使用でどうなのかわからないものの、サンプル数から、ある程度はその通りなのかなと思っています。 モンベルがゴム底まで作っているわけではないでしょうが、濡れた岩、泥、木の根、ガレ、ザレなど、日本の山道に多い特徴を考慮して、今後も改良が進むとすれば、期待できると思います。 ビブラムとどちらか良いか?程度の差がどれくらいなのかわかりませんが、減りにくいビブラムと滑りにくいモンベルのどちらをとるか…でしょうか。ま、摩耗すれば靴底を張り替えれば良いし、その頃にはアッパーもかなり傷んで、そろそろ寿命かもしれません。リソールはけっこう費用がかかるけれど、滑ると命に関わる場合もあります。とはいえ、両者の差が際立って大きいわけではなさそうだし、ビブラム社だって改良を続けているわけですから、これにミシュランが絡んで三つ巴の改良合戦になれば、登山者としてはありがたい話ですね。

4人がナイス!しています

0

クライミングシューズでいえばビブラムとファイブテンのステルスソールが二大巨頭ですね。 今履いているサロモンのcontagripというソールは以前使っていたビブラムよりもフリクションが良く気に入っています。どっちも同じように種類がたくさんあるので適切な比較ではありませんが。 価格でいったらみな同じようなものです。ビブラムは他と比べると歴史も長いので品質で超えてもブランド力で超えるのは難しいものと思います。

0

YKKのチャックみたいなもんですよ。ビブラムを越えるも何も靴底に何を貼ろうが大差ないです。 濡れた岩ならビブラムでも滑りますし、凍った土や草、雪の上など全くもって一般的な靴底と変わりません。スノーボードのブーツもビブラムソールを売りにしてるやつがありますがビブラムである意味は何もないと思えるくらい滑ります。 品質にケチをつけるつもりではないのですが、当たり前の性能なのにブランド名が独り歩きしてるに過ぎません。それが戦略なんでしょうけど。

0

地下足袋 縫い付けタイプ ハイパーVソールの作業靴

0

私も、mont-bell トレールグリッパー trail gripper いち押しです。 (ビブラムも良いですが。) 減り早いとの書き込み等有りましたが、使ってみてそんなに感じません。減ったらソール張り替えするつもりです。