回答受付が終了しました

ID非公開

2020/10/22 11:04

44回答

退職金が確定拠出年金に含まれるって言われました。

年金 | 転職183閲覧

回答(4件)

0

大企業を含めて、独立した退職金というものがない会社は多いです。確定給付企業年金、確定拠出年金に会社が掛け金を拠出していて、一定年齢以上(確定拠出年金お場合は60歳以上)の退職の場合に老齢給付金を支給するものです。この時に全部を年金として受け取ることもできるし、一部または全部を一時金で受け取ることができ、一時金で受け取る場合が退職金です。 あなたの会社もそうなっているという事だと思います。何年勤めれば退職金が幾らと決まっているのではないということでしょう。 そうであれば、あなたは会社が今まで拠出した分を確定拠出年金個人型に移すことができます。また再就職先で確定拠出年金をやっている場合はそこに移すこともできます。 また条件を満たすときは、退職時に脱退一時金として一定額をもらうことができます。 詳細は確定拠出年金ごとの規約によりますからそれを見せてもらう事です。

1

現在の「退職金制度」の代表的なものとして、 ①「退職一時金」(俗にいう「退職金」) 中途退職時も含めて、退職時に受け取るもの ②「確定給付型企業年金」 60歳や65歳など、将来年金方式で受け取るもの 最近は「有期期間」であることが多い。 ただし、 「①の退職一時金」に加算して、 退職時の原資分を受け取る選択もできることが多い。 ③「企業型確定拠出年金」 大別すると、 3-1)企業のみが拠出するタイプ 3-2)企業が拠出するが、従業員も拠出できるタイプ →従業員の拠出額の上限は「企業側の拠出額」 3-3)従業員が拠出するタイプ(運用手数料は企業側) →多くの場合、「退職金の積立金」の一部を 「退職金前払い」として給与に加算して支給する。 この余剰給与の一部、全部を「拠出」する。 もちろん、「拠出」しなくてもよい。 >>退職金が確定拠出年金に含まれるって言われました。 ということで、 主様の企業が「3-1)」、「3-2)」、「3-3)」の いずれかわかりませんが、 このような意味で言っているのではないでしょうか。 >>目に見えないし、調べる方法ありますか? 退職金制度は、 社則(就業規則、従業員規則等)で規定されているので、 社則を確認すればよいと思います。 普通の企業では、 「①退職一時金」、「②確定給付型企業年金の原資」も 情報が公開されていますし、 「③企業型確定拠出年金」については、 運用会社の管理になるので、 拠出額に加えて、運用実績(総資産)がわかります。

1人がナイス!しています

0

退職金の積み立ての一部を、確定拠出年金として積み立てますよって意味だと思います。

0

どの会社にお勤めで、その会社がどのような退職金制度としているのか詳しくは分かりませんが、「確定拠出年金に含まれる」という表現には違和感があります。 会社の規程で退職金について書かれてあるかと思いますが・・・。

ID非公開

質問者

2020/10/22 11:08

確定拠出年金に退職金が移行?されてる、例えば20万だったらそれが確定拠出年金に振り込まれてると言われました