父親が63歳で年金を早期受給したのですが、最近目が悪くなり手術しても回復しない事が分かりました。

父親が63歳で年金を早期受給したのですが、最近目が悪くなり手術しても回復しない事が分かりました。 1m先の物も見えなく、免許を返納しようとしています。 もし、目が見えなくなった場合は国から何らかの補償が受けられないでしょうか? ※障害者年金は65歳から年金を受給した場合にしか貰えないのを知っています。

補足

目が見えない病名は「加齢黄斑部変性症」です。 ずっと注射で回復していましたが、年金生活者に5万円の注射は無理なので、最近やめてしまいました。

1人が共感しています

ベストアンサー

0

>目が見えなくなった場合は国から何らかの補償が受けられないでしょうか? 身障者手帳。所得税の障害者控除ですね。 年金は、65歳まで待っていれば、 診断が5年以内なら障害年金の対象でした。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ありがとうございます!

お礼日時:10/22 21:05

その他の回答(2件)

0

年金以外の金銭的補助はないと思います ただ、障碍者手帳で等級が1級か2級になれば、重度障碍者として医療費の補助がされる場合はあります でも5万円の注射って保険外なのかな? 医療の補助があったとしても、保険外は対象外でしょうね