回答受付が終了しました

プラグって電極が摩耗してなければ永久に性能は維持されて使用できるものですか。

回答(7件)

0

イリジウムだとか白金だとか、一律10万キロという固定概念すら、もう時代遅れ。 トヨタは20万キロ指定になってることが多いし。 スズキは8万キロ指定になっている。(片白金じゃない) おっしゃるように、電極の摩耗状態が良ければ使えばいい。 あとは、碍子の付け根。茶色くなっている。そこが割れるとリークするので、これも寿命がある。見た目で分からないので黒くなったら交換したほうがいいと思う。

1

電気製品ですから、何かのきっかけで死にます

1人がナイス!しています

0

碍子の劣化による絶縁の不具合です。 端的に言えばそれは瀬戸物の部類。劣化による不具合は下記の通り。 https://www.ngk.co.jp/gaishi/ 電極の減りなぞ然程でもありません。ギャップは調整すれば良い。 但し、スパークによる減りはギザギザになり火花は安定しなくなる=失火。 寿命は四輪と二輪、4ST、2STでは全く違う。 二輪では未だ長寿命イリジウム、白金は無い。なのでメーカー交換推奨は3000~5000km。まぁ現実的には4STで10000km前後。 近年の四輪は殆どが10万kmはOKの白金プラグ。ノーメンテでイイ。

2

碍子の絶縁性能が低下すること、もしくは電極の摩耗によるギャップ増加を原因とする要求電圧上昇からの、リーク放電による失火が原因で調子悪くなることが多いです。

2人がナイス!しています