「表千家」と「裏千家」と「武者小路千家」の違いは何でしょうか。

「表千家」と「裏千家」と「武者小路千家」の違いは何でしょうか。 何故千家は三つに分裂したのでしょうか。

茶道 | 日本史81閲覧

ベストアンサー

0

そもそも分裂と言う表現は行き過ぎた感じがします。宗旦の子供達の内、三男の江岑宗左が最初に千家の家督を継ぎ、表座敷である不審庵を相続したことにより、表千家と呼ばれ、その後、四男の仙叟が隠居所である裏座敷、今日庵を相続することで裏千家と呼ばれました。さらに後に次男の一翁が養子先から千家に戻り、武者小路町にある官休庵を相続しました。ここで一応、三千家が成立するのですが、明治頃までは‘’千家‘’流の三家として存在し、基本的には千家を運営するために本家、分家と言った形でお互いに協力して茶の湯を伝えて来ました。明治になり、家元制度(集金システム)を維持するために、それぞれ別の流派として運営されるようになりましたが、過去に養子で他家に入ることもあったため、今でも基本的には親戚という位置付けですね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

お返事どうもありがとうございます。

お礼日時:10/28 6:37