江戸時代のドングリの利用についてです。

日本史34閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

ご回答いただいた皆さんありがとうございます。

お礼日時:10/27 9:00

その他の回答(3件)

0

昔はドングリを食べていたそうですよ。 私の母親(70代東北育ち)が子供のころ栗と一緒にドングリを拾って煎ったり茹でて食べていたと聞いた事があります。 ドングリでも種類によって渋味や苦味が強く食用に向かないものもありますが、飢饉など食べ物が無い時は葛粉のように細かく砕いて水にさらして苦味や渋味を抜いてからお粥のようにして食べたり澱粉だけ抽出して食べていたんじゃないでしょうか。

0

どんぐりは、担任成分がが多いので栗のようにそのままでは食べにくいのですが、あくを抜けば十分に商用になります。よく水にさらしてあくを抜いた後粉にして焼いたり、そのまま焙煎したりします。飢饉のときは食べていたはずですが常用ではないのでいざ探すとなるとクマやシカ、イノシシなどのエサですから競合します。飢饉のときは生産量も必然的に少ないので、人間が独り占めとはいかなかったでしょう。