日本人が諸外国の人々と比べて、自己否定的(自信のなさ)な割合が多いというのが事実だとしたら、

哲学、倫理13閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

参考になりました。 ありがとうございます。

お礼日時:10/30 19:50

その他の回答(3件)

0

日本は古来、文字すらなく、漢字や文化に加え稲作すらも、中国から朝鮮半島を経て獲得してきており、中国や朝鮮半島に比べて、社会的にも文化的にも遅れていた時期が長く、長期に亘って劣等感を植え付けられたのが大きいと思います。そのベースの上に第二次世界大戦での敗北が加わって、国民的劣等感の背景になっていると思われます。

0

自己否定的な割合が多いのも、 日々是好日が死んだのも、 意見や憶測であり、事実でない。 直接に知覚した人がいなかったり、 他人に伝達するのが困難であったりするので、 事実無根の嘘や間違いだけでなく、 ただの意見や憶測を、事実と言う人が多い。 嘘いつわり意見憶測を事実とするのは、 全人口の99%が、IQ130未満であり、 事実を知覚類推できる素質が、 生まれつきにないからです。 生涯獲得できません。