銃で撃たれた場合、どのような条件で銃弾が身体を貫通するのですか?

ミリタリー | 病気、症状47閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

多くの方に回答をいただきありがとうございました。

お礼日時:10/29 22:04

その他の回答(3件)

1

様々な要因によって決まるでしょうね。 そもそもに銃弾の種類、弾頭の素材、構造、銃そのものの種類などです。 風や、当たる角度もそうですが、わずかながら気圧なども関係する可能性があります。 例えばですが、貫通力を高めた銃弾(フルメタルジャケットなど)と、スラグ弾ではまったくもって貫通力が異なりますし、極端な話になりますがデリンジャーとSVLK-14sではまったく意味が違います。 また環境に関しても風が強い環境であれば銃弾はまず直線的には飛びませんし、逆に無風の環境で気圧も低ければ、銃弾は極めてまっすぐに飛びます。もちろん後者のほうが貫通力は上がります。また、骨があるないにかかわらず、場所によって全く違うかと思います。例えばですが、手のひらには骨が当然ありますよね?しかし、手のひらを銃で撃った場合、たとえ拳銃であっても(もちろんあまりにも距離が離れていれば意味は変わりますし、DE50AEとコリブリが全く違うのは明らかですが)たいていの場合撃ち抜けます。つまりそもそもに薄い場所で、骨もないか少ない、あってももろい場所に、貫通力の高い銃弾を比較的近い距離で、かつ無風で気圧の低い場所で撃つというのなら、確実に貫通できます。 参考になれば幸いです。

1人がナイス!しています

1

まぁ、色々な条件だよな。 弾丸の種類、銃そのものの種類、風向き、当たった場所と角度なと要因が大きすぎるから一概には言えないなぁ。 強いて言えば速度が遅く、小口径の弾丸、例えば22口径なんかは貫通力が低くて体内で跳ね回るので殺傷力が高いです。 9mmと45口径だと9mmの方が速度が早いので貫通しやすいなどです。 弾丸自体の処理でも変わります。 ホローポイントと呼ばれる弾頭形状に変更を加えたものがあり、こちらはあえて貫通しないようになっています。 逆に貫通させる場合はフルメタル・ジャケットと呼ばれる弾頭に頑丈な金属を使ったものを使います。 後はハーグ条約で禁止されていますが当たった瞬間に弾頭が砕けて体内にばら撒かれるダムダム弾なんてものもあります。 拳銃以外だとライフルみたいに銃身の長い銃は初速が早くなるので貫通する可能性が高いです。 弾丸自体も初速を得るために火薬の形が拳銃弾と違い燃焼時間が長いです。

1人がナイス!しています

1

弾丸の素材 鉛以外の銅等の硬い弾頭は固く潰れ難いので貫通しやすい。 逆に鉛の弾頭は潰れて貫通し難い。 弾頭の形状 尖って細い弾頭は貫通しやすいし、先が平らで太い弾頭は貫通し難い。 弾速 早い方が貫通しやすい。

1人がナイス!しています