ID非公開

2020/10/25 11:40

55回答

16%の食塩水300gに食塩を加えて20%の食塩水にするには何g食塩を加えればよいか。

数学 | 公務員試験18閲覧

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

【計算が少ない連立方程式】 16%Agと100%Bgで20%(A+B)gを作るから、 16A+100B=20(A+B) 4A+25B=5A+5B 20B=A A=300だから、 20B=300 B=15 【普通の解き方の一次方程式】 16%300gと100%Bgで20%(300+B)gを作るから、 300×16+B×100=(300+B)×20 300×16+100B=300×20+20B 80B=300×4 B=15 【公式みたいな無限等比数列の和】 300×(20%-16%)÷(1-20%) 【小学生には】 16%の食塩水の水の重さ300g×84%は、 20%の食塩水の80%にあたるから、 20%の食塩水の重さは、 300g×84%÷80% =300g×(84/80) =300g×(21/20) =315g 増えた15gが加えた食塩の重さ。

0

簡単な計算で解くと、84%の「水」を、食塩の量をそのままに80%にまですればよく、全体の量を84/80=21/20(倍)にすればよいので、300×1/20=15(g)の食塩を加えればよいです。

0

食塩の量で 方程式を立てますね。 (回答) 16%の食塩水300gに 含まれる食塩の量は、 300x(16/100)=48 (g) これに食塩を、X g 加えて、 20%の食塩水を、(X+300) g 作る。 300x(16/100)+X =(X+300)x(20/100) 48+X =(X+300)/5 5(X+48)=X+300 5X+240=X+300 5X-X=300-240 (5-1)X=60 4X=60 X=15 (g) (こたえ) 15 g いかがでしょう?