タムのチューニングについて質問です。

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

ありがとうございます。いつも参考にさせていただいています。 1インチ差で三つ並ぶと、うまく差がつけにくく、それぞれのサイズに合わせた鳴りとのバランスを考えるとあちらを立てるとこちらが立たず?になりがちで、皆さんの意見を参考にさせて頂きたいと思って質問しました。 均等でなければいけない訳でもないですよね!

その他の回答(2件)

0

ドラムにチューニング(周波数)の定義はない。 なぜならメロディー楽器でないただの太鼓だからね。 CとかGとかDとか そういう型式、形式に拘る人ってわりと平均的日本人の典型で 与えられたものが正しいと思い込む性格ね。 もっとも、そのことが不正解だとは言わない。 要するに「自分で考えろ」と言いたいだけのこと。 ドラムにコード理論は存在しません。 太鼓の響き、音の伸びや締まり具合、 そのインチに合った、あるいは楽曲や曲調にあったチューニングにすればよいだけ。 良いドラマーさんは与えられた情報だけで取り組むことはしない。 自分で創造性を作れる人。

1

ngd********さん。 12、13、14インチの、各1インチしか違わないタムが、それぞれ4度も音程差が付けられるでしょうか。 仮に4度差を付けたとしても、ヘッドの張りが緩くデロデロだったり、強すぎてテンテンだったりで実用的でない様な気がします。 4度音程なら各タムは12インチをC音とすると、 12ー13ー14ー16 CーGーDーA となります。 お互いすごく離れていますよね。 コンガやボンゴなど、2つ一組のタイコなら4度音程もありでしょう。 これを「短3度音程」にするのはどうでしょうか。 12ー13ー14ー16 CーAーF#ーC# 14-16インチ間は4度音程のままとします。 実際にピアノなどで、 CーGーDーA CーAーF#ーC# を弾いてみてください。 どちらが「流れる」か。 AnsBy diddle

1人がナイス!しています

ありがとうございます。いつも12インチはB♭あたりを基準にして、完全四度差で13か14フロアを……と作っているもので、1インチ差三つとなるとどうしようか悩んでいました。短3度と完全4度の組み合わせも手ですね。