回路計(テスタ)にて高抵抗の被測定回路の電圧測定の場合、使用するテスターの内部抵抗が小さいほど被測定回路に与える電気的影響は小さい。

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(6件)

0

内部抵抗が小さい程・・・・つまり小さければ小さい程・・・そして最終的にはゼロΩであれば与える電気的影響は小さい・・・って、そんな事あると思いますか? テスターの赤と黒のテスター棒間の抵抗がゼロなんですよ。 それを被測定回路に当てればそりゃショートさせる、って事です。

0

ぎゃぎゃいうこでは御座いませんが、 内部抵抗が大きいほど値段も高いし、 まぁそんなとこらから判断がでくる。

0

電圧計を回路に当てたとき、回路の内部抵抗と電圧計の内部抵抗で分圧された電圧が測定値として表示されることになります。 電圧計の内部抵抗による電圧降下量は、電圧計の内部抵抗が小さい程大きくなります。