余ってる水槽に上部フィルターセットして、カルキ抜きしてバクテリアを入れて、ヒーターで本水槽と同じ水温にして金魚は入れず、いわば飼育水を作り置き?した水を、生体が入ってる水槽の足し水に使うやり方ってオス

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

早速準備しようと思います。ありがとうございました!

お礼日時:10/26 21:40

その他の回答(3件)

0

何リットルの水槽が何台あるのかわかりませんが 家のガス温度給湯器で「指温度計」で同じぐらいの水温にしたバケツ水に塩素ぬきを規定量いれたら即そのまま、水槽に入れてまったくかまわんです。 >金魚は入れず、いわば飼育水を作り置き まったく電気代が無駄になる行為です。 >カルキ抜きしてバクテリアを入れて 何のバクテリアを?ですかな? バクテリア=細菌の総称です。 乳酸菌も納豆菌も大腸菌も、全部バクテリアです。 頭の幼稚なお子様は、「バクテリア」と名のついたものはすべて水槽のろ過に役立つものと思い込んでます。 市販の熱帯魚用のバクテリア溶液には中に何が入っているかわからないものが多いです。 PSBは間違いなく光合成細菌で、これは熱帯魚水槽のアンモニア生物ろ過を行う、ろ過に必要なバクテリアではありません。 ろ過に必要でないバクテリアをいくら別の水槽で繁殖させようが無意味です。

回答ありがとうございます。 水槽は、45センチが3つ、60センチが6つと、90センチが3つです。 給湯器の水を使う考えがなかったです。確かに電気代のことは考えますね…バクテリアは、生体が入ってる水槽に入れてる同じミラクルバクテです。特にらんちゅうの水換え時はエラからアンモニアを多く出すから、直後にミラクルバクテを微量入れると良いよと養魚場の方に教えていただいた時から使ってます。 バクテリアも入れておこうと思ったのは繁殖目的ではないです。

0

オススメできるできないではなく、そもそもそれを新水とも飼育水とも言いません。 人それぞれでしょうけど私は汲み置きの水と言います。 この汲み置きの水で足し水というのは全然ありだと思いますよ。 ただこれもそもそもの話しになるのですが、足し水の量なんてたかが知れていますよね。 そのたかが知れている量の水温の為にそこまでするか?足し水ごときで水槽の水温変わらないでしょ?って話しですね。

回答ありがとうございます。 全然アリなんですね。一つの水槽で1週間で2リットル弱の足し水ですが、それぞれのいくつかの水槽の足し水の必要があるのがバラバラなんで。