ID非公開

2020/10/26 12:32

44回答

80年前の振袖をお直ししたいのですが、普通のお店では技術的な問題なのか直せないとか返却されてしまうようです

画像
補足

画像は拾い画ですのでコレではないです 流石に年代物なので全体的に刺繍が取れてきてしまっています このままではいつ金色の刺繍が、全て取れてもおかしくないので直せるなら直したいと思っています 振袖はひいおばあちゃんの物で私が直接お店に持っていったわけではなく数年前に直してもらえなかったと話を聞いたのでこの様な書き方になってます

着物、和服181閲覧

ベストアンサー

0

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答してくださった方ありがとうございます! 迷いましたがこちらの方にさせて頂きます、私の振袖ではないので私がどうこう出来る問題では無いのですがいつか私の結婚式で80年前の綺麗な振袖を絶対着たいと思っているので参考にさせて頂きます。

お礼日時:10/31 0:48

その他の回答(3件)

0

悉皆屋さん事情に精通している訳ではないので、「多分」の話として聞いて下さい。 お直しの仕事は綺麗になって喜んでもらえる自信がないと受けたくない、という悉皆屋さんの気持ちは理解できます。 80年経てばさすがに生地も相当劣化しているでしょう。 依頼者が、頭を下げて拝み倒せば、「そこまでおっしゃるなら。」となるかもしれませんが、「上手く行かなかったらクレームを入れられかねない」と判断すれば、そんな危険なカケには出られない、といった辺りかと。 普段着なら「こんな状態だけど好きなものだから着る。」という選択がしやすいですが、振袖だと難しいですかね。 お写真はここだけを写した写真ですけど、振袖全体としてご覧になって、このまま着るという選択肢はない感じでしょうかね?

5

「しまうようです」? ご自身が頼んで言われたのではなく(だったら「しまいます」となるはず)、世間一般の話ですか? それでしたら、技術的にというより、生地の力が残っていないのかも。 頼む方は、刺繍だけちょこちょこっと直したらいいだけだと思うものですが、受ける側としては、一旦解いてきれいに洗ったのちの話です。 汚いままに手を加えることなぞ、通常いたしません。 その「洗う」という行為に、古い生地は耐えられません。 水に浸けると、着物の時は騙せていた劣化があからさまになるんです。 さて。 主さまの振袖に、今も耐えられるだけの力があるかどうかは、悉皆屋に聞いてみないと判りません。

5人がナイス!しています