なぜレコードは CD よりも音質がいいと言われるんですか??

オーディオ | 洋楽556閲覧

1人が共感しています

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

きちっと、メンテされているレコードは、チリチリした針音なんかしません。 せいぜい、ふつふつ程度ですが、聴いている分には、何ら気になりません。 レコードは大切に扱いましょう。 針で引っ掛けて傷つけたりしたら、ぷつぷつノイズ音が出るのは、当たり前のことです。

その他の回答(15件)

2

❌レコードは CD よりも音質がいい ⭕️極一部のレコードは 殆どのCDよりも音が良い

2人がナイス!しています

0

CDではカットされてしまう低高音域に加え、デジタルだと拾わない雑音レベルの部分も収録されるため。

2

レコード盤の材質にも拠るが良質なモノは倍音も綺麗に再生されるのでCDの比ではない‼

2人がナイス!しています

1

そういうことはオーディオマニアが言ってることです。 マニアは、まあ私も昔はそうでしたが、専門誌で研究しながら、アンプやプレーヤー、スピーカーを選びます。 フルコンポに何十万円というお金を突っ込むわけで、量販店に並ぶSONYのCDラジカセとはワケが違います。 そんなマニアの人達が、CDのほうが音がいいなんて、簡単に言うわけがありません。 もちろんCDしか聞いたことがない人達が聞いても理解できない専門用語を駆使して、いかにレコードが素晴らしいかを解説します。 私もそのクチです。

1人がナイス!しています

1

大抵の場合、CDの音質は、S/N比の面だけが誇張されて一人歩きしてるだけだと思う。 実際の音の再現度や解像度は、明らかにレコードが上だと思います。 まあ、最初にCDを聞いた時の印象があまりに強かったせいもあります。 なので、「デジタルだから高音質」という謳い文句には常に疑ってかかってます。 ただ、レコードも無条件に音が良いとは言い切ることはできません。 やはり、針が拾うブチプチノイズは聞くに耐えないという面は誰にも否定できません。 デジタル音源にもつかいどころはたくさんあります。 アナログにも良い面はありますし、箸にも棒にも引っかからない部分もあります。 実際CDのもともとの音源が、実はレコードだったという事も珍しくはないはなしですしね。

1人がナイス!しています