パチンコのV-ST機と一種二種混合機の違いを教えてください。

パチンコ4,629閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(2件)

0

>パチンコのV-ST機と一種二種混合機の違い V-ST機は確変機能があり 一種二種混合機には確変機能はありません ・・・・・ まずV確変とV-ST機について説明します 確変機については それをご存知の前提で説明します 確変突入・継続率は ヘソと電チューとも同じでなければなりません ところがV確変機・V-ST機は ヘソと電チューに差を設けた工夫なのです 例えばヘソの当たりは50%の確変突入継続率 電チューでの当たりは80%の確変突入継続率 そんな機種が可能になります パチンコの遊技機規則(略称)において記述されています 特定の領域の通過、特定のゲートの通過など その通過により権利の獲得条件になるものです 一般的な表現でのV入賞もその一つです 例えばV確変機・V-ST機は V入賞を条件として確変となり 羽根モノではVゾーンに入ることで大当りが発生します 現行法においてはパチンコ機(遊技機)の確変突入率 及び継続率は同じであると決められています なぜならそれを決定するのが「条件装置」であり 遊技機規則(略称)にはその個数は1個であるからです 以前改正されたパチンコの種別撤廃で生まれた複合機の工夫 特別図柄は2個搭載可能の規則に則りラウンド数・電サポ回数は別に出来る またアタッカーは同時開閉は出来ませんか2個搭載できます これを採用したのです 一例として全ての当りは確変 ただしV入賞が確変発動契機としたのです 大当たりにおいてあらかじめ決まったラウンドで V入賞口のあるアタッカーが開閉します ①ヘソ当り突入50%、電チュー当り継続80%のV確変機の場合は ヘソでの大当たりの50%は あらかじめ決まったラウンドにてV入賞口のあるアタッカーは数秒間開きます (まず入賞できますので確変発動です) ヘソでの20%は開閉しません 残りの30%は開閉はするが その上の蓋がタイミングがずれていますのでV入賞は望めません (入賞できませんので通常当りになります) ②ヘソ当り突入50%、電チュー当り継続100%のV-ST機の場合 ヘソでの大当たりの50%は あらかじめ決まったラウンドにてV入賞口のあるアタッカーは数秒間開きます (まず入賞できますので確変発動です) 残りの50%は開閉はするが その上の蓋がタイミングがずれていますのでV入賞は望めません (入賞できませんので通常当りになります) ・・・・・ 一種二種混合機 (デジパチ+羽根モノ混合機) 複合機・複合タイプ・混合タイプとも 過去の種別撤廃で 「デジパチ」と「羽根モノ」の区別がなくなりました その制約を失くした機種の一つが 「デジパチ+羽根モノ混合機」になります その代表的な仕組みは デジパチで当たり 時短に突入するか否かの振り分けがあります この場合は「確変機能」はなく 電チュー入賞で羽根の開閉 つまり時短ありか否か抽選を行います また通常時確率での抽選判定も行っており その当たりを「直当り(直撃大当たり)」と称します しかしメインは羽根モノのV入賞です これは確率が極めて低く 約「1/10未満」にて次々に当たりを発動させます 時短回数の多い少ないで連チャン性能が変化します ・・・・・ 更に詳しくは ここの中頃に説明があります https://doraty.huuryuu.com/pachirinko/