阪神ドラフト戦略に?ドラ1の4球団競合佐藤はたいしたもんです!

補足

ドラ5も村上頌樹投手(東洋大)ですし。 今年のシーズン終了後、大幅リストラかけるのかな?

プロ野球994閲覧

3人が共感しています

ベストアンサー

3

3人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

回答ありがとうございました。 来年のスローガンは「俺が謝る!」 頑張れタイガース!

お礼日時:10/27 6:24

その他の回答(5件)

8

去年のドラフト候補の中で即戦力選手が不作だったことが、阪神フロントを高校生ドラフトに踏み切らせた要因です 高校生ばっかり指名したのはあくまで結果であって、初めからそれが目的だという訳ではなかったということ 反面、今年は即戦力、特に「大社の投手」が豊作として知られていました その上、コロナの影響で高校生の実戦の機会(=スカウトにとっての見極めの機会)が極端に減ってしまったため、ただでさえお世辞にも豊作とは言えなかった高校生に対する評価がとても難しくなってしまいました 阪神としては、そこまでのリスクを背負って高校生をたくさん指名するよりも、実績もあり確実にある程度の活躍が見込める即戦力型を数多く指名して現有戦力を刺激し、何としても来年再来年での優勝を狙いたい、という思惑があったのでしょう 何より、2年連続で同じような指名をするということは前年のドラフトが失敗だったことを半ば認めるようなものです 阪神としては西・井上らの未来に手応えを感じており、ファンが思っている以上に彼らの成長に大きな期待を寄せているのだと考えられます また、一度阪神の今の選手たちを年齢別に分けてみて頂けるとお分かりになると思いますが、高校生を獲ろうが大学生を獲ろうが「チームバランス的に足りてないところ」を補ったことには変わりありません 「高校生偏重=中期的プラン」というのは少し視野が狭いと思いますよ

8人がナイス!しています

3

そもそも昨シーズンの高校生指名は、20前後の若手があまりにいなさすぎただけなんだが 何が一年で諦めて、だよ(苦笑)

3人がナイス!しています

1

どうせ育成なんか出来ないんだから、社会人や大学で良いです。大山もたまたま打ち出したから、良かったけど。打てなかったら中谷や江越みたいな扱いだったと思いますよ。まあ、佐藤は新人からある程度打っていかないと使わないでしょうね。

1人がナイス!しています

1

前年に高校生を多く指名しましたから、今年の方針としてはなるべく戦力になる投手の補充なのでしょう。怪我や見せ場不足があり見送られてる選手ではありましたが素材としては十分な選手だと思います。また高校生も含めて同期が多いとやる気が出ると思いますし、そのような面では同世代を集めたのは頷けます。阪神の投手陣の年齢なども考慮すると投手力がまだ十分ではないように感じます(ほとんどの球団がそうですが)。今回のドラフト補強の代わりガルシアや能見選手をはじめ伊藤選手や高野選手などが戦力外になってしまうかも。まあ別にいいんですが。今度どうなるかはもちろんわかりませんし、育成力もあるか甚だ疑問ですが、昨年の高校生たちの躍進と共に首を長くして待ちましょう。

1人がナイス!しています

2

逆に高校生を去年沢山とったので今年は即戦力重視だったのかなと思います。オリックスやソフトバンクは高校生が多かったと思うので高校生指名だと結構取り合いになってたかな?

2人がナイス!しています