重建后的芝罘俱乐部,建筑面积约为3100平方米,一楼以舞厅为主,并附属多个流行娱乐的活动房间;二楼三楼为客房,其东侧客房设置阳台,

重建后的芝罘俱乐部,建筑面积约为3100平方米,一楼以舞厅为主,并附属多个流行娱乐的活动房间;二楼三楼为客房,其东侧客房设置阳台, 可以眺望海景。值得一提的是,俱乐部的地下一层,曾在1870年铺设了亚洲第一所保龄球场。この文章を日本語で翻訳して欲しいです、宜しくお願いします。

中国語 | 中国史2閲覧

ベストアンサー

0

再建された芝浦クラブは、約3,100平方メートルの床面積を持ち、1階はボールルームが中心で、人気のエンターテイメントイベントルームが複数付属しています。 海の景色を望めます。 クラブの地下1階には、1870年にアジア初のボウリング場が建設されたことは注目に値します

ThanksImg質問者からのお礼コメント

助かりました、ありがとうございます。

お礼日時:10/29 15:53

その他の回答(1件)

0

Google翻訳は次のようになりました。 「再建された志風クラブの建築面積は約3,100平方メートルです.1階はボールルームが多く、人気のエンターテインメントアクティビティルームがいくつかあります.2階と3階は東側にバルコニー付きの客室です。 海を見渡すことができます。 クラブの地下に、アジアで最初のボーリング場が1870年に舗装されたことは言及する価値があります。」 DeepLの翻訳は次のようになりました。 「再建された「慈風倶楽部」は、床面積約3,100平方メートルで、1階はボールルーム、2階と3階は東側にバルコニーのある客室で、人気のある接待用のイベントルームが多数あり、1階と2階の2つのフロアに分かれています。 海が見えるようになっています。特筆すべきは、1870年にアジア初のボウリング場としてクラブの1階が舗装されていたこと。」