ID非公開

2020/10/28 22:26

11回答

自民党の憲法改正草案の問題点を教えてください

自民党の憲法改正草案の問題点を教えてください

ベストアンサー

0

自民党のサイト、同党の憲法改正推進本部資料に「日本国憲法改正草案」として掲載しています。 https://constitution.jimin.jp/document/draft/ この推進本部、研修会は2019年6月に漫画パンフレットを作成したのを最後に活動していないようです。 この改正案には、政府が個々の国民の生活に干渉して家族関係・扶養義務を封建時代の家族関係に復活させるような規定や戒厳令を彷彿とさせる緊急事態に関する政府に有利な規定の創設などがあります。 つまり、憲法の役目について本質的な理解がされていません。 憲法の役目は、約800年前のイギリスのマグナ・カルタで示されたように、国家が苛斂誅求な政策を行わないように規制又は国の義務を規定するものです。 また、人権はすべての人が生まれながらに持っていて国家や政権の都合で制限されるものではありません。すべての人が普遍的に享受する人権を自民党の憲法改正草案では、恩恵的に与えるという規定にしています。 まだまだ、「えっ」と思う部分がたくさんあります。 法律や歴史を勉強していない人たちがこの案を作ったのではないかと思います。 政府権力が憲法で規制されない青天井になれば、最近の香港のように後からできた法律でその法律ができる前の行動を理由に逮捕や拘禁することも可能になりかねません。 ただし、中国憲法では中国共産党は憲法の上位にあると規定してしているので中国憲法と香港国家安全法との関係は形の上では整合性がとれているように見えます。キャリー・ラム香港行政長官は「香港に三権分立はなかった」と述べて現状を肯定しています。 自民党の憲法改正草案は、中国憲法と同様の効果を政府・政権にもたらす可能性の高いものです。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

解説ありがとうございます。

お礼日時:10/30 18:55