ID非公開

2020/10/29 10:38

66回答

元々平和主義だった中国が今のように軍事にものを言わしているのは米国が悪い見本みせたからですよね?

1人が共感しています

ベストアンサー

0

ID非公開

質問者

2020/10/29 19:45

ほとんど火の粉を振り払うための戦いではないですか。 欧米の派兵や占領が原因または遠因で引き起こされていますよね。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

確かに不勉強でありました。 その事を指摘して下さった回答をベストアンサーにしたいと思います。 しかしながら、中国という国は泥沼に至る前にすぐに派兵を取り止めるという傾向があり、とことん追い詰めません。 それ故、私は中国に対し「平和主義」から「決して好戦的でない」に評価を変えることと致しました。 不勉強な私の質問にお付き合い下さり誠にありがとうございました。

お礼日時:11/1 8:01

その他の回答(5件)

0

中国は平和主義は見せかけです、昔から戦争の連続です。 米国の見本でなく、中華思想からです。 中華思想は中国は世界の中心、中庸の中ではありません。 軍事により世界一を目指しています。

ID非公開

質問者

2020/10/29 19:03

>中国は平和主義は見せかけです、昔から戦争の連続です。 そうでしょうか? 中国は海外に派兵しても米国のように泥沼化するという事はなかったように思います。王朝であった時代の朝鮮半島に兵を送ってもある程度侵攻するとあっさりと兵を引き揚げています。 >軍事により世界一を目指しています。 中国はそんな馬鹿な国ではありません。 軍事合戦を繰り広げ自国を疲弊された旧ソ連の轍を踏むことはないでしょう。余りに中国を甘く見過ぎです。 自分の国を中心に置きたがるのは何も中国だけではありません。 日本を「極東」と呼ぶ欧米にしても同じことです。 世界地図を見てみましょう。日本も地図の中心にいます。 オーストラリアの地図は日本のものと逆さまに書かれ、やはり中心にいます。

0

香港は大別すると「香港」、「九龍」、「新界」の3つに分かれて歴史上の時系列が若干ことなります。 99年間租借されていたのは、「新界」だけであって、「香港」と「九龍」は香港に割譲されていました。 返す必要のない「香港」と「九龍」も、時のサッチャー首相が交渉に負けて全部返しちゃった。 本土と「香港」、「九龍」の間に「新界」があって、水のパイプラインがあります。そこを止めるぞと脅されたとか・・本当かどうか分かりませんが。 香港人から聞いて驚いたのは、「新界籍」の人々には長期で借地が与えられるようで、たしかに「新界」地区は庭付き、3階建ての大きな一軒家が多い。「香港島」の人は気高くて、「九龍」や「新界」には絶対に住まないし。 そういった話を直接香港人から聞くと興味はつきません。 根っこにはいろいろ不満はあるみたいですが、現実的には多くの香港人は住むところに関係なく、中国の一部でやっていくことの覚悟できてますし、中国と経済的に切っても切れないことは承知しています。 ただ、どこにでも反体制派はいるので、彼らが扇動してたのがここ最近の騒ぎでしょう。 国家安全維持法ができて静かになったし、米国に亡命しようとして門前払いされて・・・やり過ぎちゃったって反省している人はたくさんいると思いますよ。

ID非公開

質問者

2020/10/29 19:16

非情に興味深い回答をありがとうございます。 >現実的には多くの香港人は住むところに関係なく、中国の一部でやっていくことの覚悟できてますし、中国と経済的に切っても切れないことは承知しています。 おっしゃる通りだと思います。 中国返還は規定事実であった訳ですし、租借中に西側に行く機会がなかった訳ではありません。当時人気絶頂であったアクネス・チャンさんがあっさりスターの座を降りカナダに留学し、カナダで子どもを産んだのは彼女なりの危機管理の結果だと見ています。当時のカナダは市民権があれば家族を呼び寄せる事が可能だったそうですから。 香港は中国にとり理想的な港と成り得ます。近代化を進める中国が膨大な人口を抱え維持していくためには世界中から物資を集める港がいくつも必要で香港を諦めるとは到底思えないのです。

0

”元々平和主義だった中国”と言うのも引っ掛かりますが・・・ アメリカが見本を見せたというのを認めるとしても、だからと言って地球の平和を脅かすようなことをしていいということではないはず。 ”ネトウヨ”の定義が分かりませんので、この回答でネトウヨだと決めつけられるかもしれませんけど、アメリカと中国の問題と香港の問題は区別して語られるべきだと思う。 軍事の問題は、日本に脅威がある限りは中国の肩を持つわけにはいかないし、それは南シナ海の問題で揉めている各国と同じだと思う。 敵対視されている国と同調して中国に相対するのも、当然の対策と言えると思う。

ID非公開

質問者

2020/10/29 19:32

>アメリカと中国の問題と香港の問題は区別して語られるべきだと思う。 そうなんです。香港の事は中国の内政問題なのです。なのに一部のネトウヨさんたち(保守派の歴史修正主義者)は香港を国と勘違いしていて中国が香港を支配する事は許さないと考えているようです。 中国の立場になれば太平洋の覇権が欲しいの当たり前です。 中国は巨大に国土な割に海に出られるのは太平洋側だけです。 世界第一位の人口を抱え維持していくのは世界中から物資をかき集めなければなりません。 その事を理解する事が中国と良好な関係を築いていく事で需要なのではないでしょうか

0

香港は独立した事はないですね。 第1次アヘン戦争の講和条約によって、香港が割譲される。 割譲は租借ではなく【イギリスの永久領土】になる。 租借(99年間)となっていたのは新界。 1982年にサッチャーと鄧小平が帰属問題を協議。 イギリスは租借となっていた新界の交渉のみのつもりだったが、鄧小平は「香港は香港人が統治する」と言って譲らず、武力行使や水の供給の停止などの実力行使に言及。 サッチャーが折れて1984年末、1997年に香港の主権を中国に返還する事、鄧小平は2047年まで社会主義政策を実施しない事を合意。 中華思想=世界の中心は中国。 これを実現しようとしているわけであって。 一帯一路構想の海は中国のもの。海の範囲は中国⇔アフリカ。南沙は取った、モルディブも返済不能の借金漬けにした、インド両端の港を押さえればこの三角形でインド封じ込めができる。東シナ海とオーストラリア辺りまでの太平洋も取ってアジアの覇者になろう。 という野望に対抗するのが、安倍首相が2012末に発表した日米豪印4か国体制。トランプ大統領のインド太平洋戦略というのは、この4ヵ国体制を採用したもの。

ID非公開

質問者

2020/10/29 19:41

中国政府としては自国民を飢えさせる訳にはいかず、近代化が進んだ中国の民が今までの如く粗食に耐えていけるとも思えません。 そのような中国の立場を理解するのが中国とより良い関係を築けるのではないでしょうか。 中国に不満分子が蓄積すれば、そっちの方が日本にとり脅威なのではありますまいか。 中国国内で内戦が起これば大量難民が日本に押し寄せてきますよ。

0

一党独裁、戦後から周辺国と紛争を常に引き起こし、チベットウイグルトルキスタンなどに侵略し。民族浄化作戦で抑圧し、収容所において暴力と殺人が横行している国がなんで平和主義なんでしょうか? そもそも態度が傲慢です。

ID非公開

質問者

2020/10/29 10:50

万里の長城は攻めるためのものではなく守るために築かれものですよ。その事からも交戦的だったとは思えません。 万里の長城は初め始皇帝が築きましたが、その後の皇帝たちが後を引き継ぎ距離を伸ばし、また修復していきました。 国境を常に脅かし隙あれば侵入してきていたのは周辺民族の方です。 だから万里の長城を築いたのです。