ID非公開

2020/10/29 12:03

55回答

プロの小説家やマンガ家になることはネットで批判や罵倒の的になるということですが、

小説 | コミック35閲覧

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(4件)

0

その覚悟は無いと思いますよ 書かれるレベルだと 相当売れた結果なんで 担当がちゃんとフォローしないと 潰れると思う

0

まぁ、当然そうでしょうねぇ。 ・・・というか ネットの書き込みに 創作を阻害できるほどの 脅威があるとは個人的には思えませんねぇ。 だって ネットの誹謗中傷など 所詮は無料で書いている物ですが それで食えている間は そのお金を払ってくれる ファンがいるって事ですからねぇ。 タダででから好き放題な悪口を言う連中の暴言より お金を払って作品を読んでくれるファンの存在を 秤で比べたら、前者の書き込みなどは クソの価値ほども感じない ・・・と思えば良いのではないでしょうか? そして、そういうアホどもは スルー・ガン無視すれば良いだけでしょうね。

1

基本的に万人に受ける話なんてものは存在しないのである程度の批判は覚悟で作品を送り出していますよ。 日本の小説では芥川賞や直木賞作家ですらボロクソに批判している人もいますしね。 ただ、素人考えの的はずれな批判も多いので、優れた作家はそういった雑音なんかはシャットアウトして、もくもくと書きたい作品を書いてますよ。

1人がナイス!しています