アヘン戦争の頃に日本にほとんどアヘンがまん延しなかったのはどうしてなんでしょうか・・・? なんのかんの鎖国の功績ですか_?

日本史40閲覧

ベストアンサー

0

アヘン戦争の結果が下記ですので、本記をだされたら鎖国してても強引に開国させられてたでしょう。  香港島割譲  賠償金2,100万$を四年分割で支払う  広州、福州、廈門、寧波、上海の5港開港  公行の廃止による貿易完全自由化

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさま回答ありがとうございます。

お礼日時:10/31 8:03

その他の回答(2件)

0

●ハイ、鎖国の功績だと思います。 江戸時代は「鎖国」の為、「外国と交易できる港」は限られてましたので、「アヘン」があれば、検閲で引っかかったことでしょう。 しかも、「イギリス」とは直接の交易がありません。 ●ちなみに、 中国では、「明時代の末期」からアヘン吸引の習慣が広まり、「清時代」の1796年にアヘン輸入禁止となるもアヘンの密輸入は止まず、 とうとう「1840年-1842年 阿片戦争」が勃発したそうです。 日本では、1808年に「フェートン号事件」という「イギリス船による長崎・出島のオランダ商館襲撃事件」がありました。 あまり、イギリスとはお近づきになりたくないです。。。

0

ちがう 当時の日本に、英国商人にとって見るべき輸出品がなかったから。 清国は英国人が好む茶葉を産出するので、東インド会社は対中国貿易の赤字を埋めるために、インドや中東産のアヘンを清国に売り込んだのだ それで清にはアヘン中毒患者が続出し、阿片戦争にまで発展した。