未完結で作品を放置する作家さんについて

同人誌、コミケ | 読書873閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(9件)

2

私自身5年前に前中後編で終わるはずのものを後編出さずに終わりましたので、 耳が痛い話ではあるのですが…… 正直そこまで求められても「同人誌ですので」としか言えません。 アマチュア市場ですから、 ペンキ途中で切れてそのままの犬小屋や、 毛糸が足らなくなったマフラーみたいなものです。 プロであれば、完成させろよ!というのもわかりますが、 アマチュアですから、そこまでの責任もありません。 完成できれば万々歳ですが、できなかったからといって批判されるのもまた違います。 そもそも作品を作り、完成させて、市場に出すというのが どれだけ大変なことか。 これがわかっていれば、未完も致し方なしと思いますが。 もちろん読み手とすれば最後まで読みたい気持ちはわかります。 自分も読み手ですから、完結できなかったのは申し訳なく思います。 が、それが「できない理由」がそれぞれあります。 それを慮っていただきたいところですが、無理でしょうか。 同人の書き手は書くマシーンではありません。 書けなくなることはあるのです。

2人がナイス!しています

3

消費者のエゴです 創作分野では、商業でも同人でも良くある事 作者にとって、出来ないものは出来ない ネタに詰まったとか、風呂敷ひろげ過ぎて収集つかないとか、モチベーションとか、、、 商業でも掲載雑誌が休刊してしまうと、作者のせいではなく、他誌に移籍して継続できれば運がいい 創作に限らないですけど、全てのことを完璧に終わらせてから次の事をしてますか?

3人がナイス!しています

2

キャラ作って、設定作って、導入考えて、が楽しいけど、描き続けるのがしんどいのては。楽しいことだけやっていいのが同人誌

2人がナイス!しています

3

あなただけです。 そういう義務が存在しないのも 同人誌の魅力というものです。 もしも商業作品のように 「完結前提で出さなきゃならない」 となったら そもそも脳内でボツになってたかも しれないんですから 尻切れでも夢を一緒に見させてもらえたことを 感謝するのが人としての当たり前ですよ。

3人がナイス!しています

1

火浦功をいじめるのは良くない。本人はあれでも努力している。

1人がナイス!しています