40年前、学校で古切手を集めていました。これは売ってボランティア募金にするんだとか。今でもやっているのでしょうか。

募金、寄付 | 郵便、宅配27閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

その他の回答(3件)

0

今でも集めてるところありますよ。 私の団体も、古銭とか切手を扱うところに買い取ってもらってます。 昔は、珍しい柄とかに値がつくってこともあったみたいですが、今は大きな袋ににれて買い取られてます。 だいたいは、趣味的な創作活動に使う人が買ってくみたいです。 たまに、コレクターが買ってくとかもあるみたいですが・・・。 昔よりどんどん買取業者も少なくなってるので、珍しいかもしれません

0

そうです。 買うのは切手収集家。 今はしているかは不明。 その他に、郵便局が後納、別納などで現金で支払い されればその金額分の切手をA4用紙などに貼って消印されて 1年後に販売されています。 郵政省時代は切手普及協会が上の販売された切手の 販売を担当。これは波線なので大批評。 買う目的は押されている切手の消印です。 普通切手に押されている満月印。 他はゴミとして廃棄。私の場合はね もう一つが消印漏れ!それが結構ありまして郵便に 利用できるのです。

切手以外としてベルマーク集めもあります。 目的は同じです。 先の切手普及協会は東京中央郵便局に設置。 今の中央郵便局とは違います。

0

私買いましたよ。 一般人にはゴミでも、切手や郵便物のコレクターには立派な収集対象です。

補足すると、切手を紙から剥がすとそれだけでいろんな種類の切手が集まります。 ただ、同じ切手も一杯出てきますが、それも消印の種類や時期によっては珍しい組み合わせであったり、切手の使われ方によって細かく分類するコレクターもいます。 そして、同じ図柄の切手も細かく見ると微妙な違いがあったり、印刷エラーの切手があったりしますので、それを探して揃えるのを目的で買ってるコレクターもいます。 ヤフオクで「紙付き切手」「キロボックス」などで検索すると、そういう出品が多数あって、そこそこの値で入札されていますよ。 コレクターの世界は奥が深いんです。 決して無駄にはなってないので、これからも協力してあげてください。