地球温暖化って干ばつも水害もおこすのですか?

地球温暖化30閲覧

ベストアンサー

1

1人がナイス!しています

その他の回答(3件)

4

→ 間単にいうと、ほとんど関係が無い話でしょうね!つまり、干ばつも水害も、昔の時代から時々起こってるじゃああありませんか?昔だっていろいろ異常気象?があったんですよ!CO2気体濃度とは無関係な話ですよね?ですよ!

4人がナイス!しています

3

そうです。 何でもありだという事です。 ただ、水害も干ばつも、猛暑も冷害も、無風も暴風も、正常気象も異常気象も、郵便ポストが赤いのも、電信柱が高いのも、地球温暖化と結び付けて論じるのは大間違いだと私は考えます。 そもそも、いわゆるCO2いよる地球温暖化説のメカニズムさえ正確にご教示されてませんが、もし、平均気温が上昇すれば気象が激しくなるであろうはあたりまえだと思います。ただ、それだけのことですよ。 まあ、気象って風にたなびく店屋の看板のようなモノだと思います。 風が強くなって、正(+)圧力が高くなる方が出来れば、負圧(-)が大きくなるところもできる。右向き渦が発生したら、左巻き渦ができている。自然界はそういうモノですので。 で、地球温暖化説と、そういう明日のお天気で扱うような地域的、局部的な自然現象とは全くジャンルが違います。 阿保の詐欺師の話術に乗らない。 そもそも、それらは地球表面におけるてムウ物蹴るsそのよい

3人がナイス!しています

ちなみに地球は太陽から、エネルギーを強制的にもらっていますから、冷却されないといけません。しかし、大気は高性能保温材のようなモノですから、地球が真球状で、一面の海(陸)、大気は均質であったらば、どこから熱を放出してよいのかわかりません。で、自然界はあちらこちらの小さなバランスの乱れを利用して、そこを突破口としてエネルギーを放出するでしょう。そして当然、放出する熱量が増えれば、泡の数も大きさもおおきくなるでしょう。 そういうモノだと思います。

0

あーそうだともよ。 説明すると長い。 気象や科学が絡むからな。 しかしだな… 悪い事ばかりではない。 逆も然りだ。