マイルチャンピオンシップにおいて、 ダノンシャークが勝ち馬になれていたことは、 話が古くてすみませんが、

競馬36閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

0

貴重なご回答、ありがとうございます。 グランデッツァが上がり最速回数少なく、これはハイに対応できる裏付けだったのかな?と最近思いました。 そうか。昔とは違うものの、 母系に、ニジンスキー、ディクタス、 ロベルトのいずれかが京都有利ですか。 参考になります。 モンジューといえば、サドラー、 へぇー!JC対応できてたのですね。 ちなみに、気になるのは、 CSがスロー重賞だったらば、フィエロとダノンシャークは着順が入れ替わっていたと 思いますか? デインヒル。 それならば、少し納得なんですが。。

ThanksImg質問者からのお礼コメント

詳しい見解、大変参考になり、感謝しています。 本当にありがとうございました。 また、別質問もご協力頂けると、幸いです。

お礼日時:2020/11/25 18:30