予算が多いのに、なぜ日本の大学の研究室は成果が出ないのですか?

ベストアンサー

0

その他の回答(4件)

0

その実際は多いです以下の典拠を教えていただけませんか。何の予算なのかどういう計算になっているのか、興味があります。 成果が出ないということはないです。出ています。量や質の点で、見劣りすることもある、程度です。その背景としては、先の回答に詳しいです。

2

そのデータはどこを見ればよろしいでしょうか。国立大 工学部の元教員です。法人化する前,あるいはその後で あっても学長裁量経費や学部長裁量経費のピンハネが 無い時代には,教授100万円,准教授80蔓延,助教60 万円といった予算がつきました。ただし,コピー代や 光熱水費も含む研究費です。出張費もあります。海外で 研究発表をすれば,すぐにウン十万円がなくなります。 小さい実験はできます。薬品もある程度は揃えられます。 でも大きな実験をする先生は,その時代でも外部資金を どうにかして得ていました。決して潤沢とは言えません でしたけどね。 その後,運営費交付金(研究費)は毎年1%ずつ減額 され,いまや,工学部の実験講座では,光熱水費だけ で予算はマイナスになり,実験も出張もできないのが 現実です。ただし,この状況も,学部長の裁量が個々 の研究室側に立っている大学の場合です。多くの大学 そしてほとんどの文系の研究室では,出張が年に一回 できればいいくらいしか無かったりします。それが 世界で3位というのは納得できかねますが。 さて,では外部資金はどうでしょう。文科省(の外郭 団体)の科研費は,ごく一部の先生にしか高額プロジェ クトはできていません。それも,ノーベル賞受賞者の 先生達がクレームを入れてようやく少しだけ増額され たという状況です。工学部であれば,民間との共同 研究や,経産省・環境省などなどの予算もあります。 防衛省はくだんの議論のような状況です。もちろん 米軍の予算も申請して認められれば使えます。特に コネの無い若い先生や,すぐには金にならない基礎 研究をやってる先生や,文系の先生はこういった 外部資金はなかなか得られません。 大学にいて感じる実態はこのようなものです。それで も世界3位なんですか?信じられませんけど。

2人がナイス!しています