回答受付が終了しました

スキースクールには100回以上入りました。デモレッスンも何度も受けました。 しかし、あまり上手くなった気がしません。

スキー334閲覧

回答(16件)

1

筋力とテクニックのそれぞれのトレーニングを分けてやることが大事です。 筋力のトレーニングは疲れるまでしっかりする。 テクニックのトレーニングは、フォームが崩れる前にやめる。 筋力や体力が上がってくると、テクニックのトレーニング沢山出来るので有利になるし、テクニックを可能にするには、テクニックが要求する筋力が必要です。 なので、滑るだけではなく、雪の無い時期に色々なスポーツをして準備することも大事ですよね。 スクールに入る前の準備はどうでしたか?毎日走ってますか? スクール以外にどのくらい滑ってますか? もしかしたら、そんなところに何かあるかもしれませんね。

1人がナイス!しています

1

滑るコツを掴む事ですね。 コツを掴ませる為にスクールがあると私は思っています。 講師の説明をあなたの知識抜きで邪念を持たずに聞き実行する事です。 体感出来れば、それがコツになります。 あとは馴染むまで繰り返し滑って覚える事です。 所でテクでは無いですが私にはその方法は無理でした。 強化コーチやデモに数年で30日程習いましたが、何を言ってるのかサッパリ分かりません。 それでも、分からないままでやった練習で、今思えばこれをやりたかったのだと気づく事もあります。 で、良くなったと実感したのは単調なゲートトレーニングでした。 某チャンプの指導でただ一定の動作で滑るだけで説明も指摘もありませんが、それが良かった。 それを自分で復習出来る環境が在ったのが良かった。 例えば、菅平やコルチナではバーンを借りて自分でポールやネトロンを立てて練習出来ます。ここは有料ですが。 大人は聞くフリが上手く出来ます。 子供は8割は聞いているか居ないか直ぐ分かります。良く聞いている子供は言った通りに滑って来るので上達が早いです。言う事を聞けばドンドン滑れるようになって楽しいと分かれば集中出来ます。他の事を考えていたり、集中して聞けないと私のように身体で覚えるしかありません。

1人がナイス!しています

1

スキーが向いてないと言う方がいます。 スクールに10回入ってから言ってみろとか言われて居たりします。 その観点から言えば、あなたは十分に努力を重ねたと言えます。 スキーに向いてないかも知れません。 10回スクールに入って上達が見えるスポーツに転向しませんか? なにもスキーでなくても他に探せばよい問題かも知れませんよ。 いきづまったなら一度離れてみるのも手です。 そして、どうしてもスキーじゃなければならないんだ!って事であれば、その時は、回数は無限です。 上手くなる迄となります。 そんな方私の周りには少なくないです。頑張って!

1人がナイス!しています

2

スキースクールに通わなくても、デモレッスンに参加しなくても、となりを滑るデモの滑りを参考にしなくても、自分がどう滑りたいのか?イメージ出来れば、上手くなれますって。 人は非常に感覚的な生き物です。 それ故に繊細なまでに敏感で有り、おおよそ鈍感でも有ります笑 あなた自身の感覚を活かすことが大切で、教えて貰うことで知識を増やしても感覚に結び付きません。 下手すりゃ、迷い道に入ってしまうことも。 習うより、慣れろ!って言われるのは、強ち間違いでは無いです。 きれいな滑りとは、気持ちの良い滑りでも有ります。 気持ち良さを求めると、変な滑りにはなりません。 無駄や無理を排除しないと気持ち良いを味わえませんから。 その為に必要なセンスを磨くこと(慣れること)は、習うことよりも意義が大きいです。 スキー板と、もっと会話をしてください。 スキー板の導きに従ってください。 今時の板はきちんと応えを出してくれます。

2人がナイス!しています

1

質問者さんの滑っている動画を観てみたいです。 それを見て、滑りを分析し、解決策を探ってみたいです。 是非、動画を上げてください。 根本的なところで問題ありだと思います。たぶん、前のターンから抜け出して、切り替えを経て、谷回りに入る間に問題点がある人が多いと思っています。質問者さんが、それに該当するか分からないのに、いい加減な回答はできないです。

1人がナイス!しています