スポーツ撮影でこんな記事があります。 https://news.yahoo.co.jp/articles/cdc1f926bca67b47b1101268e0999d990d7badac しかし私は疑問がある。

スポーツ | デジタル一眼レフ57閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">100

2人が共感しています

ベストアンサー

2

2人がナイス!しています

その他の回答(5件)

2

>撮ること自体は違法性ゼロなのだから、規制するのがおかしい話! >問題は、それを撮影した後にスケベ雰囲気を出して投稿してる輩。それと撮る行為を同じにしてるのがおかしい。 >皆様もそう思いません? そう思います。

2人がナイス!しています

1

>法律上では、スポーツ大会や祭りなどの撮影に関しては、被写体に許可は不要であるのにおかしくないか? 肖像権ってスポーツ大会では考慮されないのか? 全て撮影可能と考えるのは無理があると思うよ。 >問題は、それを撮影した後にスケベ雰囲気を出して投稿してる輩。それと撮る行為を同じにしてるのがおかしい。 皆様もそう思いません? 根本はここなんですね。元々規制されてこなかったのは、スポーツを愛する人に悪人はおらんだろうという、言うならば「性善説」に基づくものです。被害を訴える人が増えてくると、「良い人ばかりじゃないなぁ。人任せにせず帰省しないと」と、「性悪説」に転じてしまう。 特に日本人は、「赤信号、皆で渡れば怖くない」なんて言葉が出てくるくらい、捕まらなければとか罰則が無ければ法で決まったことを無視する風潮があるように感じている。高速道路のシートベルト着用率の変化を見ても、罰則規定が導入されて、漸く上昇したという経緯を見ても、多くの日本国民の心の中には、「見つからなければ」「捕まらなければ」って甘えた感情が有りそうです。悲しいけど、これが現実なんだと思います。 純水にスポーツを楽しむなら、カメラではなく双眼鏡を持って行けば良いんじゃないかな? 真剣な表情を目に焼き付けるとかね。うちの親父は陸上関係者だったけど、箱根駅伝の応援の時などはカメラは持たずストップウォッチでしたね。トップとの差や直前の学校とのタイム差を大声で選手に伝えたりしていましたね。家族とか学校が記録映像を残すなら写真やビデオも良いですが、先に書いた肖像権の問題も有るので、一般観戦者にある程度の規制を設けるのは仕方ない情勢なんだと思いますね。

1人がナイス!しています

一般的 には、公開のスポーツの試合・大会で選手 を撮影することは、選手のプレーの妨げと ならない形で行われるのであれば、選手に とっても想定の範囲内であり、受忍限度を 超えず、許されることになると考えられま す。と弁護士の記事では書かれてる。 そもそも肖像権侵害などは、撮られ不利益になるかどうかが争点となる為、ただ撮られたじゃ話にならない。 もちろん全身撮影し、トリミングで一部分を切り取っても問題はそれをネットに上げたかどうか。 そしてその部分的な画像から、日時や本人と確定できる物的証拠がない限り勝つことはない。 ようは無駄な時間だって事。 嫌なら露出なしの格好をしてればいいだけ。

1

思いますよ。 他の質問に対して回答しましたがどうしても撮られたくないなら出場しない事を考えるか、撮られても構わない服装で出るか。 大会主催者もそのあたり寛容にするかだと思います。 撮りたいやつはどんなことをしてでも撮るし、それを使っていかがわしいことを考えるやつを取り締まる法律もない。ならばそうさせないためにどうするかを考えたらどうかと思いますよ。止めろ止めろと言っても止められるならとうの昔に無くなってる話しだと思います。

1人がナイス!しています

1

僕は、この様な問題が提示されるとは思っていました。 最近は少しでも動き易くという事でギリギリの服装になっていますから興味本位で撮影するカメラマンも多いという事は間違いは無いと思いますよ。 その様な写真がインターネットな掲載されてしまう事もありますからね。学校まプールなども盗撮される事があって最近は学校のプールも周囲をガードする壁とか塀が出来ていますよ。 また運動会などの写真は絶対にSNSなどに掲載しない様な最初な周知徹底がされていますよね。 やはり主催者に許可を求めないで勝手に写真を公的機関な掲載してしまう事はダメだとは思いますがね。 この問題は今後も議論され続けると思いますよ。 カメラマンのモラルという事になってしまうと思いますがね。 鐵道写真でも危険地域で撮影して咎められるというケースが多くなてしますかよね。 正しくカメラマンの良識が問われいるという事だと思いますよ。

1人がナイス!しています